読む鉄道、観る鉄道 (11) 『大いなる旅路』 - 脚本・新藤兼人、主演・三國連太郎で描く機関士人生

写真拡大

映画監督、脚本家の新藤兼人氏が5月29日に亡くなった。

映画監督として数々の名作を残しているけれど、脚本にも注目作品が多い。

その新藤氏が関わった鉄道映画の名作が、1960年公開『大いなる旅路』だ。

監督は関川秀雄氏で、新藤氏は脚本を手がけた。

主演の三國連太郎は国鉄機関士の青年から壮年までの30年を演じきった。

実際に起きた鉄道事故が制作のきっかけで、全編を通じて鉄道機関士の真摯な生き方を描く作品であると評価され、当時の国鉄の協力を得た。

大正末期。

主人公の岩見浩造(三國連太郎)は蒸気機関車の助手(窯焚き)だ。

同期で親友の佐久間太吉(加藤嘉)は、東京鉄道教習所の試験に合格しエリートコースへ。

しかし浩造は不合格となり、ふてくされて仕事に身が入らない。

そんな浩造を諭す先輩機関士、橋下(河野秋武)と乗務した貨物列車が、雪崩を避けきれず脱線転覆する。

浩造は助かったが、橋下は「事故を知らせろ」と言い残して死ぬ。

現場に復帰した浩造は、新婚の妻(風見章子)と通り過ぎる列車を眺め、「列車を守る人がいるから乗る人が安心して眠っていられる。

俺達は一番大事なものを預けられていた」と決意を新たにする。

生まれ変わった浩造は、堅実に仕事を続ける。

次男が生まれる頃には機関士に昇格。

3男1女に恵まれた。

だが長男は徴兵され、後に戦死してしまう。

次男は父の思いを受け継ぎ、東京鉄道教習所に合格。

浩造の運転する列車で東京へ。

三男は予科練に志願した。

戦後を迎えて社会が落ち着くと、今度は長女が自由恋愛になびいて去ってしまう。

「みんな出ていってしまって、育てた甲斐がない」と嘆く妻に、「子供なんて、みんなそんなもんだよ」と浩造は諭す。

戦後も浩造は機関士として働く。

その間、次男は佐久間の娘と結婚、その一方で三男の死など、喜びや悲しみが積もりゆく。

そんな中、浩造の働きが認められ、国鉄本社で表彰されることに。

功績章を胸に付けた浩造と妻は、次男が運転する「こだま」に乗り、旅を続ける……。

機関士という仕事に向き合ってきた主人公と家族のドラマ。

脱線事故のほかに大きな山場もなく、ミステリーのようなトリックも、大仕掛けで盛り上がる場面もない。

しかし、ラストシーンでは人生の重み、家族の絆などさまざまな思いが蘇り、感動の波がわき上がる。

映画製作のきっかけとなった事故は1944(昭和19)年、山田線で起きた。

機関車が雪崩で崩れた鉄橋にさしかかり転落。

28歳の加藤岩蔵機関士が死亡し、機関助士も負傷した。

加藤機関士は労働組合の殉職者名簿において、「死ぬ間際まで安全のため職務を全うした機関士」として記録された。

機関助士も、負傷しながらも事故防止に尽力したと讃えられている。

このエピソードを知った新藤兼人氏が映画製作を立案。

脚本を手がけて関川秀雄氏に提供したという。

主人公の名前は「岩見浩造」であり、殉職した加藤岩蔵機関士から「岩」の字を取ったといえる。

映画公開後、事故現場に記念碑も建てられた。

映画では、老練な橋下機関士が壊れた時計を示し、「これが発生時刻だ、すぐに知らせに行け」と指示している。

これも実際のエピソードによるものだという。

この場面を撮影するにあたり、山田線浅岸駅のスイッチバックで本物の機関車を脱線させた。

国鉄上層部が特別に許可したという。

映画に使われた機関車は8620形だが、事故にあった機関車はC58 283号機で、戦後になって引き上げられ、再び山田線を走ったとのこと。

物語の舞台は盛岡機関区だ。

映画でも、同機関区に所属していた蒸気機関車がたくさん登場する。

形式までは追いきれないものの、二軸貨車も多く登場し、まるで「動く貨車カタログ」のようだ。

浩造が担当する列車はほとんどが貨物列車で、当時の日本の物流の主役は貨物列車だったと実感できる。

戦時の物資不足を示すエピソードとして、蒸気機関車に供給する石炭の質の悪さに苦労する機関士のセリフがある。

終盤には電気機関車や電車も現れ、30年の時の流れを表現している。

それにしても、約90分の映画で30年分も歳を取るにもかかわらず、俳優陣の演技が見事だ。

まるで30年間ずっと撮影し続けたかのように見えてしまう(予告編によると撮影は2年間にわたったそう)。

アルバムをめくりながら、長い歳月を振り返ったような感覚になる。

ちなみに三國連太郎は、同作品に出演する2年前、老人を演じるために歯を10本抜いたというエピソードがある。

この作品でもそれが役に立ったようだ。

主人公以外の配役では、浩造の次男に注目。

なんと若かりし頃の高倉健だ。

新人鉄道員を演じ、花形列車の151系ビジネス特急「こだま」を運転する。

この若い”健さん”が後年、『新幹線大爆破』で犯人役となり、北海道の小さな駅を描いた映画『鉄道員(ぽっぽや)』(1999年)の主人公となるのだ。