<ライト級/5分5R>
グレイ・メイナード(米国)
Def.判定2-1:48-47、47-48、48-47
クレイ・グィダ(米国)

髪の毛を編んでも、グィダらしさは変わらず、いきなり両者がオクタゴン中央でにらみをきかす。左を振るいながら前に出るグィダを観客の声が後押しする。グィダのパンチを見切って、右を繰り出すメイナードは、左をガードの上から打ち込む。

前に出て来るグィダに左を打ち込み、ワンツーにつなげたメイナードだが、これは空振りに。左をヒットしたメイナード、グィダのパンチはなかなか当たらない。左ハイをガードされたグィダは、体を多く上下さけパンチを伸ばすが、メイナードも素晴らしいウェービングでかわす。

グィダのフェイントにつられないメイナード、グィダもしっかりとメイナードの攻撃を見切る。ここは二人とも、テイクダウン狙いなど目先を変える攻撃が欲しいところだ。残り30秒、グィダが前に出てローからパンチを伸ばす。動きは多いが、手数は少ない初回が終わった。

2R、左を伸ばしたグィダ、続くパンチが目に当たったとメイナードがアピールする。足を使うグィダをメイナードが追いかけるも、届かない展開が続く。グィダは遠い距離でパンチを見せ、前に出ると見せかけては下がる。距離を詰めたメイナードの右をヘッドスリップでかわす。防御のレベルが上がった分、慎重になったグィダ。場内から徐々にブーイングが起こるようになる。

メイナードは左ハイから、右フックを振るうがターゲットは右側へ移動してしまっている。徐々に距離を詰めるメイナードに対し、グィダはギリギリのところで、その網から逃れる。と、グィダの右ハイが軽くヒット。この一発を守り切るようにグィダはステップを踏み、頭を振り続けて2Rのタイムアップを迎えた。

3R、距離が詰まった両者だったが、グィダがすぐにステップで距離を取る。細かいスーパーマンパンチのようなフェイントから、前に出ては下がるグィダをメイナードが追いかける。左ジャブを伸ばし、左へ移動するグィダだが、1分30を切ってメイナードがダブルレッグを狙う。ワキを差して逃げたグィダは、蹴り足を掴んでもメイナードの懐に留まらない。

両手を広げて、来いとアピールするメイナードだが、足を使うグィダを追い切れない。指が目に入ったと再びアピールするメイナードだが、レフェリーは流す。距離を詰めたメイナードはヒザ蹴りを見せるも、ラウンド終了間際にはパンチを空振りしてバランスを崩した。

4R、距離を取り続けるグィダ、近づくとメイナードは頭を抑えてヒザを繰り出す。髪の毛を掴んだとアピールするグィダは、出入りを続けるのみ。殆ど右のパンチは見せない。観客席から大きなブーイングが送られる。右を二つ連続で伸ばすメイナード、グィダは足こそ使うが手数が余りにも少なすぎるか。

メイナードが右へ回り、追い詰めると逆に回るグィダだが、メイナードは左へ追いかけた時に引っ掛けるような右フックを見せる。残り1分、再びヒザを連打したメイナードは、ついにノーガードで距離を詰めるように。

ここでテイクダウンに出たグィダだが、メイナードはスプロールからギロチンへ。グィダはスラムで2度、3度とメイナードを叩きつけ首を引抜き、肩パンチを見せてラウンド終了までトップをキープした。

最終回、一気に盛り上がった場内、メイナードの右がグィダをタッチする。右のフック2発から、ヒザを見せたメイナード。先回りに攻撃を仕掛けるようになったメイナード、グィダは右回りから、右ハイキックをヒットさせる。と、打撃の距離に留まったグィダにメイナードの右がヒットする。右を見せ、前に出も出るようになったグィダだが、メイナードの前進にはすぐに左回りへ。

左ジャブを被弾しても、前に出るメイナードの追いかけっこは続く。と、ついにグィダに攻めるようにレフェリーの注意が入る。直後にメイナードの右が入り、続いてローシングルを仕掛ける。足首を掴み、ボディロックにつなげたメイナードは、ヒザを胸元に入れる。立ち上がったグィダが正面に立つと、ヒザを2発入れたメイナード。直後にタイムアップを迎えると、メイナードはグィダの握手を拒否した。

攻撃を受けないがために、勝利につながる自らの攻撃も少なかったグィダだが、結果的にジャッジ3者が48−47をつける判定で割れたものの、メイナードがスプリットで判定勝ちを収めた。「俺は戦いに来たんだ」という言葉、この試合は決してニック・ディアズ×カーロス・コンディット戦ではない、グィダからはメイナードを崩す攻撃は見られなかった。