●龍虎 相搏つ

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●呂布の三日天下!
王允の策略によって呂布は義父である董卓暗殺に成功します。それによって呂布は時の権力者となったかに見えましたが、董卓の配下の李傕・郭椶蕕砲茲辰督彪發気譴討靴泙ぁ貂蝉と共に放浪の旅へと出る事になります。

※その後、呂布は袁術へと身を寄せます。
●徐州の陶謙
徐州の陶謙は後継者のいない老太守ながらも領民に慕われ、善政をしていました。しかし、彼の配下である元黄巾党の張闓が徐州に住む曹操の父である曹嵩を殺害するという事件が発生してしまいます。

もちろん激怒した曹操は100万人の兵を徐州に差し向けて、父の仇討ちを仕掛けます。もちろん、徐州は曹操により殆ど壊滅状態になります。

戦いを好まない陶謙は自らの首を差し出し降伏を決めようとしたとき、劉備達の援軍がやってきます。
●徐州攻防戦!
曹操と陶謙・劉備の戦いに対してもう一人虎視眈々と狙っているのは呂布。そこに陳宮が彼に知恵を貸します。

その作戦とは曹操の拠点である兗州を狙うというもの。確かに手薄になっている兗州を呂布が狙うには絶好の機会です。

一方、曹操に対して和議を申し込みに来た劉備。しかしながら、当初その交渉は上手く行かないのですが…。

ところが呂布が兗州を攻め落としたとの報を受けると、途端に曹操は劉備との和議を受け入れ兗州の呂布討伐へ向かいます。
●劉備、徐州太守となる!
今回の劉備の功績によって陶謙は劉備に徐州太守の地位を譲る事を申し込みます。

しかしながら、劉備は陶謙の申し出を断ります。

その頃、曹操は兗州の呂布との戦いに苦戦しています。そこで曹操は呂布に寝返った配下の者を再び寝返らせようと試みます。

ところが陳宮は曹操の作戦を読み、裏を突いて曹操を窮地に追いやります。そこでは曹操は辛うじて逃げ切りますが…。

※ここで典韋という逸材を得ます。

最終的に曹操は呂布に打ち勝って兗州を取り返します。

それからしばらく後、病により倒れた陶謙は再び劉備に徐州太守の地位を譲る申し出をします。今回は劉備も陶謙の申し出を引き受けると安心したかのように陶謙は永眠します。
●曹操、帝を救出する!
董卓亡き後の長安は元董卓配下の権力争いを避けるため、帝(献帝)は洛陽へと移動します。そこにやってきたのは曹操軍、彼の活躍によって元董卓配下を打ち破り、帝の救出に成功します。

ここで問題なのは呂布。再び放浪の身となった彼の運命や如何に?

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト