『日本の未来について話そう』

写真拡大

経営者や作家、学者など国内外の識者65人の提言をまとめた本です。このなかでサッカーの岡田武史・日本代表前監督が「日本人には自信を喪失しやすいという問題がある」と指摘しています。どんな選手にもミスはある。重要なことは、その理由を振り返り、課題を修正すること。失敗なくして、成長はないのです。

ビジネスも同じでしょう。私は現職に就くまで3年間香港にいました。中国人は猛烈な競争心があり、リスクに怯みません。どんどん前に出ようとします。逆に日本では「出る杭は打たれる」という風潮がまだあります。岡田監督のスローガンは「チャレンジ」でした。日本再生の手がかりは挑戦を後押しする場づくりではないかと思います。