<フェザー級/5分3R>
スティーブン・サイラー(米国)
Def.1R2分47秒 by ギロチンチョーク
ジョーイ・ガンビーノ(米国)

左フックから前に出るガンビーノに対し、サイラーは左ミドルを放ち組みついていく。ケージに押し込み返したガンビーノだが、サイラーは首相撲からヒザを顔面に突き上げる。この一発で額をカットしたガンビーノは、組みついていくがヒザ蹴りからギロチンを受ける。流血のガンビーノが振り回したフックが、サイラーを捉え一瞬腰が落ちるも、落ち着いてテイクダウンへ。パウンドで削り、バックマウントからマウントへ移行すると、思い切りパウンドを落していく。ガンビーノは両手を腰に回し、起き上がって態勢を入れ替えようとすると、サイラーが再びギロチンへ。今度は背中をキャンバスにつけて、十分の態勢に持ち込むと、ガンビーノは観念したかのようにタップ。サイラーがUFC3連勝を果たした。