<バンタム級/5分3R>
ケン・ストーン(米国)
Def.判定2-1:29-28、28-29、29-28
ダスティン・ヘイグ(米国)

サウスポーのストーンに、右ローを放つヘイグは左回りでステップを踏む。右ローからアウトに回るヘイグに、ワンツーを見せたストーンの左ローは空振りに。右のローを続けるヘイグは、ストーンのスピニングバックフィストをダッキングでかわし、ワンツーをヒットさせる。

組みついたヘイグは首相撲、ストーンはスピードのあるワンツーを続ける。右ジャブを伸ばしたストーン、ヘイグは左アウトサイドローを蹴り込むも、正面からの攻撃は危険だ。右ローから前に出てパンチにつなげたペイグだが、ストーンがよける。ペイグのスーパーマンパンチも距離を見られたが、続く右ストレートがストーンのアゴを打ち抜く。

ここでヘイグの右ローがストーンの急所に当たり、試合は一時中断へ。ストーンが試合再開に同意すると、ヘイグは右ミドル、左フックを放つ。両者のパンチが交錯し、ヘイグのロングレンジの右はストーンがスウェイでかわす。ストーンも左ミドルをヒットさせるが、ヘイグの左フックを受ける。小気味良い打撃の交換が続いた初回が、ここで終了した。

2R、左ローからワンツーに続けたヘイグ、ストーンも右フックを伸ばしていく。蹴りを見せてから組みついたストーンは小手投げを狙うも、ヘイグがボディロックから後方へ投げる。同体で起き上がった両者、ストーンがケージにペイグを押し込むも、ヘイグが両脇を差して耐える展開が続く。

ハイクラッチからも両ワキを差されてはテイクダウンには結びつかない、レフェリーがブレイクを命じると、続くスタンドの展開で今度はストーンの左ローがペイグの急所を直撃した。短期間のインターバル、加えてショートノーティスでの試合でスタミナが気になるペイグは、再開後にストーンの左を受ける。スピニングバックフィストを見せたペイグだが、ストーンのパンチが届くシーンが比較的増えたようにも映る。

ワンツーで前に出たペイグの踏み込みが、やはり1Rほど鋭くない。左ローから左を伸ばすペイグに、ストーンの右がヒットする。再び組みついたストーンは、すぐに自ら距離を取り、右フックをカウンターで狙った。

最終回、まずはストーンの左ストレートがペイグに届く。ペイグは右ローを蹴るが、前足を潰すことはなかなかできない。右ハイから右フックと手数を弛めないペイグに対し、スピードで上回ってきたストーンは、蹴りに合わせて組みつくとケージにストーンを押し込む。再び両脇を差したペイグが、後方にテイクダウンを狙ったが、スクランブルからストーンがトップを奪取する。

クローズドガードのペイグにエルボーを落とすストーン。コツコツとパンチを落すことで、ペイグを削っていく。ペイグの左手首を掴んで三角狙いのペイグに対し、これを察知したストーンはリストを外し右のパウンドを落す。残り1分を切ってトップをキープするストーン、ワキを差し返せずペイグを立ち上がらせない。ブリッジから、腰をずらし立ち上がったペイグだが、目に見えた反撃はなくタイムアップを直後に迎えた。結果、ジャッジの裁定は分かれたが、ストーンが2−1でスプリットで判定勝ちを収めた。