”空気”の技術・知識・未来に触れる、情報サイトを開設 - ダイキン

写真拡大

ダイキン工業は21日、暮らしの中における空気の大切さや可能性、同社の空気への思いや取り組みをより多くの人に知ってもらうことを目的に、新サイト「”人”と”空気”のあいだに、いつもダイキン」を開設した。

同サイトでは、快適な空気をつくりだす技術の仕組みや、同社と空気の歩みをわかりやすく解説している。

生活を豊かにする未来の技術や、空気に対する社員の思いを紹介していくという。

また、人が1日20kgも口にしている空気について、より理解を深めてもらうため、 空気に関する意識調査や、家庭のエアコンにおける節電の実証実験も公開。

子どもも楽しく学べる「空気のふしぎ」や「エアコンの仕組み」など、空気に関する情報のプラットフォームとして、さまざまな切り口から独自のコンテンツを届けていくという。

同社はこれからも「空気の専門家」として、安心で快適な空気を世界中に届けるとともに、空気の新たな可能性を追求し、空気の大切さを広く伝えていきたいと考えているとのこと。