年間を通して500種類以上の花火を販売。「立岩商店」那覇店オープン

写真拡大

花火の生産・販売を行っている立岩商店は、6月1日に那覇市におもちゃ花火を専門に扱う新店舗をオープンした。

震災復興支援の花火でもある沖縄限定「ちゅら花火」など、500種類超の花火を販売している。

同商店は沖縄の宜野湾市で営業を開始。

このほど那覇にオープンした新店舗は2店舗目となる。

年間を通して花火を販売しているのが特長で、波照間島の星砂が付いた沖縄限定の「ちゅら花火(打ち上げ花火)」など、夏気分を盛り上げる魅力的な花火を取り揃えている。

2012年の最新作花火として、有機分解される素材で制作した花火や音がうるさくない花火など、環境に配慮した花火も多数販売している。

那覇店では、おもちゃ花火も専門に扱う。

おもちゃ花火とは、子どもでも安心して使用できるの花火のことを指し、線香花火や手持ち花火、噴水花火、打ち上げ花火やロケット花火などさまざまな種類がある。

「那覇店」は6月1日グランドオープン。

営業時間は10〜19時(夏季は金・土は20時まで)。

定休日は水曜日(7〜9月は無休)。

「宜野湾店」の営業時間は10〜19時(夏季は金・土は20時まで)。

定休日は火曜(7〜9月は無休)。

【関連リンク】多摩川花火を至近で!「観覧席チケット付宿泊プラン」販売-川崎日航ホテル今年の花火大会はホテルで。

特別宿泊プランを発売 - 横浜ベイシェラトン1分間に100発以上! クライマックスが続く輪島市民まつり花火大会