緊急時には浮き輪代わりになるフローティングウォッチ、日本で発売

写真拡大

防犯・防災機器等の販売・設置業務を行うマルチックは、台湾のエバークイック社とフローティングウォッチ「Fwatch(フウォッチ)」の日本における総輸入代理店契約を締結した。

7月上旬より日本国内初となる独占販売を開始する。

同製品は、腕時計型の手動膨張式浮力補助具。

浮輪の役割を担うエアバッグ部分がCO2ボトル(炭酸ガス)と直結し、一度注入されると羽口ノズルによって完全に密封されるため、空気漏れの心配がないという。

常時携帯可能で、子供の力でも簡単にエアバッグへ空気を流し込むことができる。

安全で耐久性のあるシリコンゴムを使用しているとのこと。

浮力は11.5キログラムで、CEスタンダード浮器具基準EN393に適合している。

価格は16グラムCO2ボトル2本付きで1万2,600円。

重さは250g(CO2ボトル含む)。

同社SHOPサイトから注文できる。