”幸福の駅神”現る! 幸福駅・愛国駅のブーム40周年へ「みゆき&めぐみ」がPR

写真拡大

幸福駅(北海道)の公式ホームページ「幸福駅発」は22日、観光PRのための新キャラクター「みゆき&めぐみ」を公開した。

ブログ「みゆきの幸福日記」もスタートしている。

39年前、NHKの番組『新日本紀行』で放送されたのをきっかけに、幸福駅(旧国鉄広尾線)は全国的にその名を知られるようになり、「愛国から幸福行き」のきっぷが爆発的に売れるなど、同じ広尾線の愛国駅とともに一大ブームを巻き起こした。

その後、広尾線は廃線となったが、幸福駅と愛国駅は駅名の縁起の良さから観光地として存続し、現在も国内・国外を問わず多くの観光客が訪れる。

「みゆき&めぐみ」は、来年でブーム40周年を迎えるにあたり、幸福駅と愛国駅のPRキャラクターとして制作されたもので、北海道出身・在住のイラストレーターであり原画家の「みけおう」さんがデザインした。

ともに当地に住む「駅神様」という設定だ。

「みゆき」は幸福駅周辺を担当する新米の駅神様で、慎重すぎる性格でおとなしく見られがち。

しかし一度決めたらやり抜く芯の強さも持っている。

得意の歌と癒しのチカラで、駅を訪れる人々を幸せに導く。

一方、「めぐみ」は愛国駅周辺を担当する駅神様。

社交的で活発な性格で、人と人を結びつけるのが大好きだが、たまに早とちりしてしまうことも。

恋愛占いが得意で、人々に愛を広めていく。

2人は「幸福駅発」や「みゆきの幸福日記」などを通じ、幸福駅と愛国駅のPRを行う。

7月中旬より、幸福駅のお土産店にて公式グッズも発売予定とのこと。