社会人になって、何かを始めてよかったこととは?




社会人になり、時間やお金を自己管理することで新たな余裕も生まれます。ですが、何かを始めようと思いつつ、つい先延ばしになることも……。そこで、皆さんの経験を参考にするべく、始めてよかったことについてアンケートで聞きました。



調査期間:2012/4/16〜2012/4/19

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 847件(ウェブログイン式)



■自発的にする勉強がこんなに楽しいとは



最も多い意見は、26人(3.0%)から寄せられた「資格」に関する声でした。



「資格を取ったことで自信がついた」(28歳/女性)

「自発的にする勉強がこんなに楽しいとは知りませんでした」(35歳/男性)



続いて、16人(1.8%)から集まった意見が、「貯金」。

「500円貯金」(24歳/女性)や「定期貯金」(28歳/女性)を始めたと言います。



中でも、

「自分で貯金して海外留学をした。自分のお金なのでモチベーションにも直結するし、その経験の貴重さや視野が広がった」(33歳/女性)という前向きな意見は光っていました。



■一人暮らしも結婚後も役立った料理教室



「お稽古(けいこ)」を始めた人が、10人(1.1%)いました。



「料理教室」に通い始めた女性からは、「一人暮らしにも、結婚後も役に立っています。おいしいものを食べたいと思ったら、毎日外食では金銭的にも限界があるし、自分で作ったほうが安上がりでおいしいです」(35歳)

という声が。



「お花や茶道など、趣味の範囲のお稽古(けいこ)ごと」(31歳)を始めた女性は、「週に1回でもお花を触る機会があると心が安らぐ」のだとか。



運動を始めたという意見も多く、「高校時代の友人と集まってランニング。10キロマラソンに出るという、昔の自分なら考えられないこともできた。毎週末に友人と集まる機会があると楽しいため、始めてよかった」(23歳/男性)



「フラダンス。楽しくてストレス発散になり、気のあう友達もできた」(29歳/女性)



新たな趣味と出合うことができ、日常に活気が生まれたようです。



■上司を意識して経済ニュースをチェック



社会人ならではの発想として、



「ボランティアをして、仕事にも元気を出す」(26歳/女性)、

「親にプレゼント」(30歳/女性)、

「個人で事務所を開業した。仕事が楽しい」(56歳/男性)、

「社会人入試で大学入学」(29歳/女性)、

「家計簿で生活のコントロール」(28歳/女性)、

「上司との会話のためにゴルフ」(26歳/女性)、

「朝のニュースを芸能情報だけでなくて経済の方をちゃんとみる。上司の話を理解するため」(30歳/女性)、

「ペン習字。上司に褒められて大事な仕事をもらった」(38歳/女性)、

「早起きで、朝の時間を有効に使う」(33歳/男性ほか5名)



と、上司を意識した行動や、仕事のモチベーションアップにつながるさまざまな経験が挙がりました。



これらの意見を参考に、人生に活路を見いだすべく、何かを始めてみたいものです。



(岩田なつき/ユンブル)