画面サイズ1.9倍の「3DS LL」、3つのカラバリで7月28日に発売へ。

写真拡大

任天堂は6月22日、ニンテンドー3DSの新しいラインアップとして、画面サイズが1.9倍の「ニンテンドー3DS LL」を発売すると発表した。発売日は7月28日で、価格は18,900円(税込み)。

「ニンテンドー3DS LL」は上画面が4.88インチ(3DSは3.53インチ)、下画面が4.18インチ(同3.02インチ)の大画面版ニンテンドー3DS。画面が大きくなることで、さらにダイナミックな視覚効果が楽しめるようになった。

重量は約336グラムで、従来よりも101グラムアップしているが、本体の大型化に伴いバッテリーも大型のものを搭載。従来よりも持続時間が延び、ニンテンドー3DSソフトをプレイする場合は約3時間30分〜6時間30分、ニンテンドーDSソフトをプレイする場合は約6時間〜10時間となっている。

カラーバリエーションは「レッド×ブラック(RED×BLACK)」「シルバー×ブラック(SILVER×BLACK)」「ホワイト(WHITE)」の3色。