無印良品の収納術が書籍に 住生活アドバイザーが指南

写真拡大

 良品計画が6月22日、"収納"にスポットを当てた書籍「『無印良品』で覚える収納のコツ」を自由国民社より発売した。住生活アドバイザーのすはらひろこが監修を務めており、共働き主婦の目線から、快適さを追求した整理収納術を指南。「無印良品」が定義するモジュール(基本寸法)の考え方をはじめ、収納用品と家具の関係性や、商品開発にまつわるストーリーなどを掲載している。 無印良品の収納術が書籍にの画像を拡大

 「『無印良品』で覚える収納のコツ」は、「無印良品」が展開するアイテムを通じた収納のアイデアや実践例を3部構成で紹介。「無印良品」の収納アイテムで上手に暮らしている人の実践例や、暮らしやすい空間にするための家具やアイテムの活用方法、定番から応用まで「無印良品」のアイテムを使用した収納アイディア65選などを掲載している。表紙には縦横に自由に広げられる「スタッキングシェルフ」を活用した収納例の写真を使用。6月22日に一般書店で発売する他、6月28日より一部の「無印良品」店頭と、ECサイト「無印良品ネットストア」で順次販売をスタートする。価格は1,260円(税込)。 「無印良品」のモジュールは、日本の住宅の基準寸法からゆとりを差し引いた実有効寸法168cmを、2・3・4等分したサイズが基本となる。大人が少し背伸びをすることで手が届く212.5cmや、子供の背の高さの120cm、作業台やキッチンの高さ83cmなども規準のひとつで、これらのモジュールに基づいて無駄を出さずに長く使うという思想に基づいて生活の変化に柔軟に対応する収納アイテムを開発。ポリプロピレン製の収納ケースや、硬質パルプボックスの引出式のケース、壁に付けられるボックスなど、様々な人気アイテムを展開している。■無印良品ネットストア URL:http://www.muji.net/