【男性編】小学校時代、こんなときドラえもんにそばにいてほしかった!!ランキング




時間を戻して〜!!







子どものころ、のび太でなくとも「ドラえも〜ん」と叫びたくなることがあったはず。そこで男性370名に「小学校時代、ドラえもんにそばにいてほしかったとき」を聞いてみました。









Q.小学校時代、ドラえもんにそばにいてほしかったときは?(複数回答)

1位 宿題を忘れたとき 18.1%

2位 家に忘れものをしたとき 16.8%

3位 テストの最中、分からない問題があったとき 15.1%

3位 学校に遅刻しそうなとき 15.1%

5位 テスト前 14.9%





■番外編:こんなときそばにいてほしかった!!

・好きなおもちゃを買ってもらえないとき:「ドラえもんがいればおもちゃも手に入りそうだし、なくても楽しめると思う」(25歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

・運動会のとき:「少しズルをして、ちょっとだけヒーローになれるから」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・いじめっ子にからまれたとき:「不良にからまれたときにはドラえもんに助けてほしいと思いました」(34歳/電機/技術職)

・夏休みの最終日:「時間を長く感じさせてくれる道具を出してほしい」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・親に怒られたとき:「慰めてくれる相手が欲しかった」(35歳/印刷・紙パルプ/技術職)





■宿題を忘れたときにそばにいてほしかった!!

・「困った状況のときにはそばにいてほしい」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「先生に怒られるのは嫌だったから」(26歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「とにかく焦った記憶がある」(26歳/機械・精密機器/営業職)

・「時間を戻してほしいから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「どこでもドアがあれば、すぐに家に戻れるのに……」(33歳/情報・IT/技術職)

(評)

宿題を忘れたことにいつ気付くかが、道具選びのポイントに。先生に提出する直前なら、時間を止めるか、過去に戻るしかありません。





■家に忘れものをしたときにそばにいてほしかった!!

・「『道具さえ貸してもらえれば……』と思いました」(29歳/食品・飲料/営業職)

・「よく忘れものをしていたので、とりよせバッグが欲しかった」(23歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「時間をかけず、忘れものを取りにいきたかった」(25歳/建設・土木/技術職)

・「絶対に急いでも無理なときはどこでもドアが欲しい」(30歳/機械・精密機器/技術職)

(評)

こんなピンチのときには、忘れ物おくりとどけ機といううってつけの道具が!! とりよせバッグも、こんなときに便利な道具です。





■テストの最中、分からない問題があったときにそばにいてほしかった!!

・「ドラえもんならきっとスラスラ解ける道具を持っているはず」(40歳/機械・精密機器/技術職)

・「ドラえもんがいれば満点がとれる」(47歳/機械・精密機器/技術職)

・「問題がスラスラ解けるようになりたかった」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「答えが浮かび上がる道具がありそう」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

・「代わりに答えてほしい」(29歳/電力・ガス・石油/技術職)

(評)

のび太の成績を見る限り、ドラえもんが答えを教えてくれることはなさそうですよ。





■学校に遅刻しそうなときにそばにいてほしかった!!

・「自力じゃどうしようもないとき『なんとかなれば』と願った」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「どこでもドアやタケコプターを使ってみたい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「どうしようもないとき、力を貸してほしかった」(45歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「どこでもドアですぐに到着したかった」(26歳/生保・損保/専門職)

(評)

タケコプターやどこでもドアで登校時間の短縮を図りたいと思った人は多いはず。





■テスト前にそばにいてほしかった!!

・「タイムマシンでいろんなことがなんとかなりそう」(43歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「アンキパンを出してもらって、テストを乗り切りたかった」(26歳/不動産/その他)

(評)

のぞみ実現機を使えば、テストを受けずに済むかもしれません。





(文・飯塚雪/C-side)





調査時期:2012年3月30日〜4月4日

調査対象:マイナビ ニュース会員

調査数:男性370名(その他と回答した16.2%を除く)

調査方法:インターネットログイン式アンケート