ナカバヤシ株式会社は、スマートフォンと連携することで動画や大量の写真を一緒に管理できる『VIEWBUM(ビューバム)』を、2012年10月初旬に発売する。

AR(拡張現実)活用する次世代アルバム
「ビューバム」は、写真を貼る台紙にアプリ読み取り用の専用コード(QRコード)が添付されたアルバムだ。従来のフォトアルバムでは管理の難しかった動画や大量の写真を、スマートフォンとの連携により快適に楽しむことができるのだ。

使い方は簡単で、スマートフォンのアプリを起動し、専用コードを認識させ、一緒に整理したい動画や画像を登録する。さらに、アプリ上で専用コードと動画や画像をリンクさせれば完了だ。閲覧の際には、台紙にスマートフォンをかざすだけで動画や画像の再生が可能となる。

また、付属の識別コードシールをアルバム本体に貼り付けておけば、スマートフォンをかざすだけで整理された写真の情報をチェックできる。わざわざアルバムを開かなくても目的の写真を素早く探しだすことができるのである。

アルバムは、A4サイズ、スクエアサイズ、ミニサイズの3種が用意される。台紙にはインクジェット出力写真も編集しやすく、長期保存で耐久性の高い「プラコート台紙」が使用される。

なお、専用アプリ「VIEWBUM App」は、iPhone用が2012年10月初旬に、Android用は11月に、それぞれ無料配信される予定となっている。

Editor's eyes
時系列で保管され一覧性の高いフォトアルバムと、保存性/検索性に優れたスマートフォンとの連携により、思い出の新しい保存・管理を実現する次世代アルバムだ。インターフェースとしてAR(拡張現実)が採用されているのも新鮮である。

▼外部リンク

ナカバヤシ株式会社
リリース