●連環の計

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●董卓、捕虜の首を刎ねる!
ようやく長安の道路が整備された頃、董卓は酒宴の余興に曹操の兵士だった捕虜の首を刎ねるように紳々・竜々へ命じます。

※ちなみに前回、帝を救出した功績により彼等は侍大将へ出世しています。

しかし、虫も殺せないような紳々・竜々が断ると代わって呂布が捕虜の首を刎ねます。暫く後、捕虜の首の山と血の海になります。

これにより紳々・竜々は兵卒へ降格となりますが、彼等にとってこの事はむしろ幸せだったのかもしれません。

これまでの董卓のあまりにも残虐な所業に対して、王允は董卓と呂布、そして養女の貂蝉を使って何かを計画しているようですが…。
●孫堅の死
玉璽を手に入れ長沙へと向かう孫堅、荊州の劉表配下の黄祖を打ち破るも隙を付かれあっさりと死亡してしまいます。

※打倒孫堅の命を受けていた劉備達と趙雲は何もせずに引き返すことになります。

この後、玉璽は孫堅の長子である孫策に引き継がれますが…。
●呂布と董卓、連環の計
王允の養女である貂蝉は呂布の妻となることを約束されます。しかし、王允は董卓に貂蝉を紹介すると董卓も貂蝉を妻にする事を狙います。

※貂蝉は絶世の美女、だからこそ王允の連環の計が成立する隙はあるのです。

このことで貂蝉は自害を図りますが、董卓の所業に逆上した呂布、そして同じく董卓も呂布に対して激怒します。

結果的に王允が呂布をそそのかし、呂布は董卓暗殺に成功します。但し、呂布は二度も父を殺害したことになり彼の悪評は更に広がる結果となります。

董卓の死により時代は大きく変わりつつありますが、曹操、そして劉備達の今後は一体どうなるのでしょうか?そして呂布と貂蝉は?

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト