JALホノルルマラソン「レースデーウォーク」、今年は仮装コンテストを開催

写真拡大

JALホノルルマラソン広報事務局は、第40回記念大会の特別企画として、「レースデーウォーク 仮装コンテスト」を実施することを発表した。

「レースデーウォーク」とは、ホノルルマラソンのスタート終了後、マラソンコースの最初の約10キロを歩くイベント。

フルマラソンを完走することが難しい人にも、ホノルルマラソンの雰囲気を感じてほしいと企画されたもので、ベビーカーと一緒に歩いたり、車いすで参加したり、と子どもから年配の人までタイムを気にすることなく気軽に参加できるイベントとなっている。

今年の「レースデーウォーク」は、JALホノルルマラソンの第40回記念大会の特別企画として「仮装コンテスト」を実施。

仮装してレースデーウォークに参加するというもので、エントリーすれば、誰でも参加が可能となっている。

仮装コンテスト入賞者には、日本とホノルル往復ペア航空券など、各スポンサーから賞品がプレゼントされる。

「JALホノルルマラソン2012 レースデーウォーク」は2012年12月9日の午前5時25分スタート(予定)。

コースはアラモアナ公園をスタートし、カピオラニ公園までの、マラソンコースの最初の約10km。

参加料は日本受付2012年11月9日申し込み分までは4,700円、ホノルル現地受付では2012年12月5日〜8日までUS$70。

エントリー方法は、ホノルルマラソン公式サイトでのオンラインエントリー(20歳以上80歳未満の方)のほか、現地での直接エントリー、ホノルルマラソンツアー催行の旅行会社を通してのエントリーなどがある。

【関連リンク】JALホノルルマラソン40周年記念、アーリーエントリーを期間限定で受付「第2回大阪マラソン」ランナーエントリー数15万人を超える初心者対象の「マラソンクリニック」月に一度開催 - 阪急交通社