太陽エコブロックス兵庫発電所、7月1日に発電式挙行と売電スタート

写真拡大

太陽セメント工業株式会社は、子会社である株式会社エコブロックス、太陽サーブ株式会社と共に、兵庫県内にメガソーラー発電所「太陽エコブロックス兵庫発電所」を建設することを発表。

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートする7月1日に現地発電所にて発電式を行い売電を開始する。

同発電所は、定格容量3.5メガワット(第1発電所2メガワット、第2発電所1.5メガワット)で、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」実施の7月1日時点で、操業を開始する太陽光発電所の中では最大規模となるという。

第1発電所は年間250万kwhの発電量となる予定。

第2発電所は190万kwhで9月操業予定。

両発電所合わせての発電量は、一般家庭1,000世帯の年間消費電力に相当する。

同発電所では、同社グループが開発した“HRMソーラー架台システム”という特殊なコンクリートブロックを使う施工方法により、定格容量よりも実質発電量を重視した設計手法となっている。

“HRMソーラー架台システム”では、実質売電収入アップにより、投資利回りをより高くすることも可能。

また、頑丈なコンクリート工法なので杭工法や鋼材工法に比べ、ローコストで耐久性が保てるという。

積雪地域などの急角度設計も、鋼材工法に比べ大幅なコストダウンが可能になっている。

【関連リンク】全戸太陽光発電システムが搭載された分譲マンション、奈良県に登場ソーラーの発電単価についての雑感北海道浦河町のメガソーラー建設、正式合意へ - 日本再生トラスト