空から眺めるハスの大群生! 熱気球フライト体験で琵琶湖の夏に感動!

写真拡大

滋賀県草津市では、琵琶湖、草津の夏の風物詩「ハスの群生」の美しい景観と、琵琶湖の雄大さを存分に体感できる、熱気球フライト(係留)を実施する。

熱気球フライトは、早朝のすがすがしい時間に気球に乗って、湖面に広がる大パノラマを眺められるイベント。

気球は地面に係留されているため、上空15〜20mくらいの高さまで上がった後、数分で降りてくる。

開催期間は7月27日〜8月5日。

時間は6:00〜9:00。

実施場所は滋賀県草津市烏丸半島、滋賀県立琵琶湖博物館前広場(草津市下物町)。

搭乗料金は中学生以上2,500円(税込み)、小学生(保護者の同乗要)1,800円(税込み)、未就学児(保護者の同乗要)無料。

雨天や風の影響で気流等が安定しない場合は中止することがある。

妊娠中の人は搭乗不可。

料金の支払いは当日受付にて。

また、7月28日、29日には、プレイベントとして熱気球体験教室が開催される。

草津駅東口デッキ下広場にて、熱気球の仕組みについての説明や、バーナーの操作体験を行うので、熱気球に乗る前に参加すると新しい驚きや発見があるかもしれない。

参加費は500円(税込み)。

事前予約が必要。