8月から開催の「ジャパン・レストラン・ウィーク」アメックスとJCB特別協賛

写真拡大

世界に誇る日本の外食文化を享受できるグルメ・フェスティバル「ジャパン・レストラン・ウィーク2012 サマープレミアム」が8月から開催されることになった。

日本を代表する料理人や料理評論家を中心に構成されるジャパン・レストラン・ウィーク実行委員会のもと、特別協賛としてアメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.とジェーシービーが参画し、8月17日から9月2日までの17日間、関東・関西・北海道・九州の主要都市にて、「レストラン タテル ヨシノ 汐留」、「万歴龍呼堂」をはじめとする約240店舗のレストランにて展開される。

アメリカン・エキスプレスとJCBブランドのカード会員は、8月5日の一般予約受付開始に先駆け、8月1日から、会員限定先行予約ダイヤルより予約が可能。

ジャパン・レストラン・ウィークとは、厳選された名店・実力派レストランで、期間限定の特別メニューをリーズナブルに楽しめる、年2回(夏・冬)のグルメ・フェスティバル。

今回5回目の開催となるジャパン・レストラン・ウィーク2012 サマープレミアムでは、期間中、各参加レストランが用意した特別メニューを、ランチ1,575円/2,100円/3,150円、ディナー4,200円/5,250円/7,350円(いずれも税込・サ別)の定額料金で楽しむことができる。