衝撃的なイケメン度! 日本の偉人「芥川龍之介」先生をヴィジュアル系にするとこうなる

写真拡大

先日「ヴィジュアル系に生まれ変わった福沢諭吉先生」がネット上で公開され、大きな反響を呼んだ。そして今回、また新たに日本の偉人がヴィジュアル系に大変身し、これまた話題になっている。

その大変身を遂げた歴史上の人物とは、芥川龍之介先生。代表作『羅生門』や『地獄変』で知られる芥川先生は、学校の教科書にも載っており、多くの日本人に馴染みのある顔である。

それでは、芥川先生を日本の音楽スタイルのひとつ “ヴィジュアル系” に変身させたら、どうなるのだろうか? 「【便乗】芥川龍之介を最近のV系っぽくしてみたらこうなった」という画像を見て分かるように、これが驚くほど現代風のイケメンに生まれ変わるのである!

キリリとした目、細いあご、そして時代の壁を越えた美しいポージング。イケメンすぎる! イケメンすぎるぞ、これは! 一部の文学女子の間では、イケメンとして有名だとは聞いていたが、ヴィジュアル系にしてもこんなにカッコイイとは驚いた。きっと現代にこの格好で生まれ変わっていたら、女子に大人気のヴィジュアル系バンドを組んでいたに違いない。

そんな妄想をしてしまうほど、ヴィジュアル系芥川先生のイケメン度は衝撃的だ。この他にも、現代風のイケメンに生まれ変わる素質を持った日本の偉人はいるのだろうか? 非常に気になってきた。

(文=田代大一朗)

参照元:twitpic/@0__ra, @VELVETEDENDADA


画像をもっと見る