建築に自由を与える、「Smart Archiシリーズ」新製品発表―パナソニック

写真拡大

パナソニック エコソリューションズ社は19日、建築化照明器具「Smart Archi(スマートアーキ)シリーズ」の品ぞろえを強化し、「建築に自由を与える。

」を新コンセプトとして、2012年度上期中に、22アイテム252品番を順次発売すると発表した。

新製品の光源はすべてLED。

希望小売価格は2万6,250円〜57万2,250円。

同シリーズは、「光」「デザイン」「素材・品質」「空間」にこだわった製品(ハード)と、同社ならではの光の指標(ソフト)を組み合わせた「輝度で考える照明設計」によって、より正確で質の高い照明設計を実現した。

屋内用は、人が感じる明るさ感指標の「Feu(フー)」をアップすることで設置台数を減らし、省エネが可能となったベースライトを追加。

屋外用では、さまざまな空間と調和するシンプルなデザインのスポットライトなどが追加された。

屋内のような明るい空間では、「lx(ルクス)」とFeuを組み合わせることで、省エネと快適な光環境を両立した照明設計が可能とのこと。

しかし一方で、屋外のような暗い空間では、明るさ感が同じでも、光のメリハリによって人が感じる空間の印象は大きく異なるという。

そこで同社は、Feuに加え、「光のメリハリ度」を数値化した「V(ヴィー)」を開発。

これらを組み合わせることで、「落ち着きのある空間」と「にぎわいのある空間」といった、2つの雰囲気の定量化を可能にした。

同じFeu値でも、メリハリ度が弱い(V値が低い)と落ち着き感のある空間に、メリハリ度が強い(V値が高い)とにぎわいのある空間になるという。