一度スタートしたら「やーめた」ができないんです 〜第5回:ヘアサロン「NORA」オーナー・広江一也さんの場合(後編)

自分が好きなことを仕事というカタチにしているヒトたちを追う本連載。ゼネコン営業から有名ヘアサロンに転進し、表参道で自分の店を構えるまでになった広江一也さんの後編です。

※前編(>>記事はこちら)


広江一也(ひろえ・かずや)●ヘアサロン「NORA」オーナー

1974年、奈良県生まれ。御所実業高校卒業後、大手建設会社を経て、著名ヘアサロン「ACQUA」にて10年勤務。そのうち後半の5年ほど店長を務める。その後、独立して「NORA」を設立。体力が落ちると気持ちも落ちると考え、週2回はパーソナルトレーナーをつけてトレーニングをしている。2児の父親。

>> ヘアサロンNORAのウェブサイト

柴田励司(しばた・れいじ)●インディゴ・ブルー代表取締役社長

1962年、東京都生まれ。85年上智大学文学部卒業後、京王プラザホテル入社。在蘭日本大使館、京王プラザホテル人事部を経て、世界最大の人事コンサルティング会社の日本法人である現マーサージャパン入社。2000年日本法人社長就任。その後、キャドセンター社長、デジタルハリウッド社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役COOなどを歴任して現職。

>>Indigo Blueのウェブサイト


芸能人も御用達の人気店で店長を任される

――店を持ちたいと思ったのはいつくらいからでしたか?

いつかは、という思いはずっとあったのですが、ACQUAはとても忙しい店で毎日楽しかったので、しばらくの間はこの店で自分にできるいい仕事をしたいという気持ちのほうが強かったです。後半の5年は店長も任されましたし。そして10年が経過したころ、全力を出さなくてもすべてが回るようになってきた。そうするとだんだん、このままでいいのかなぁと思えてきた。

――うん、毎日全力でやらなくてもお客さんは来るし、店もまわるし、と。

はい。撮影の依頼も外部の講習も問題なくできてしまう。その瞬間、建築現場のことが思い出されてきた。こうなると、あの時と一緒だなぁと。

――ああ、そうか。

あの時のポンプのスイッチをリズム的に押していたのと一緒で、繰り返し同じことをやっているように思えてきたんです。

そんなとき、母親が事故で亡くなりました。これはなにかのメッセージだと思った。人生なんて儚いものだなとも思った。母親も自分でビジネスをしていたので、僕も悔いの残らないように自分でやりたいと思い、葬儀の帰り道にその思いを伝えました。

――社長に?

はい。加えて、ちょうどACQUAが大阪に展開することになっていて、そこへ取締役で行ってくれといわれていて、それも引っ掛かっていました。10年以上東京でやっていて、今更大阪と言われてもイメージがわかず、モチベーションが持てませんでした。

――取締役というのは、そのネーミングだけでも社会的ステイタスがありますよね。それに対して魅力は感じなかったのですか。

はじめは魅力的だと思いました。けれど、1からのチャレンジではなくって、既にできているものに関わることになるので、あまり達成感を感じられないような気がしました。どうせやるんだったら、新しいことに1からチャレンジしたいと思いましたね。

当時32歳。自分のピークを考えたときに現場でやれるピークはあと10年だと思った。それなら、その時間を自分のために使いたいと思いました。

――社長はなんと。

ACQUAには社長が3人いたのですが、「話にならない、もう一回考え直せ」と。

――でも、ACQUAみたいな店は修行して出ていく人も多かったんじゃない?

そうですね。ただし、ヘアメイクさんのように個人になる人や他店に引き抜かれる人が多くて、独立をする人はそんなに多くないです。競合になるということで圧力がかかるケースもあります。「10年経ったし、結果も出したので許してください」と話をしても、依然として二人の社長はNO。最終的に、僕を採用してくれた社長一人のみが「そりゃ、そうなるよな。俺もそうだったし」と理解を示してくれました。

1店舗目は順風満帆。ところが……

――その方は恩人ですね。話をした後、どのくらいで辞められましたか。

1年かかりました。

――それでも、そんなにかかった。僕もマーサーという外資系のコンサルティング会社の社長を辞任したんだけど、それを許してもらうのに8か月くらいかかった。ところで、辞める、と相談してから、独立ための準備はしていたのですか?

仕事しながら、物件探したり資金繰りしたりサロンのイメージを考えたち人に会ったりしていましたね。まずは表参道の骨董通りにあった物件の3・4階を借りてスタートしました。

――最初は空中店舗だったんですね。

はい。お金もないので2フロア合わせて30坪くらいでした。スタッフは5人。もともと知っていたスタッフ達です。

――スタートして、どうでしたか。空中店舗だと集客が大変じゃなかった?

美容師をすでに10年やっていたので、お客さんはついていたんです。これがいいのか悪いのか、最初は回ってしまった。また苦労をしないでなんとかなってしまって。

――また、なめてしまった(笑)。

そうなんです。なんとかできちゃうんだなって。1店舗目30坪の物件では、週末にはお客さんをお断りしているような状態にすぐなって、2年くらい前に店舗を移りました。

税理士さんや会計士さんに相談をすると、口を揃えて「やめろ」と言われた。“ホップとステップを抜かしてジャンプをしようとしている。これは小学生が大学受験をしているようなものだ”と。「とにかく早い」と言われた。

実際、本来探していた物件よりも面積が大きかったんです。それはわかっていました。前が30坪、次は50坪を探していた中、実際に借りたのは73坪。でもほかに空き物件がなかった。表参道目の前の一等地で、保証金も家賃もべらぼうに高い。さすがにどうしようかなぁと考えましたが、ここまで順調にきてしまっていたので、「なんとかなる」と思った。

けれど……、それが、なんとかならなかった。このときに初めてわかりました。

友だちに借金を申し込むまでに追い込まれる

――なんとかならなかった。

ならなかったんです。はじめの半年で潰れるかと思いました。資金ショートしてしまう。

売り上げは伸びているんですが、現金が回らない。「これか」と思った。「なんとかならないと言われたのは、これか」と。この2号店をオープンさせてからの1年半は地獄でした。寝られないし、スタッフに来月の給料さえ払えるのかなぁという感じだった。

――考えていたものと違ったんだ。

まったく違いました。

――そこで経営者としての壁にぶつかった。

そう。そこで初めて「これが経営っていうものなんだな」と。結局痛い目に遭わないとわからない。

――半年っていうのは比較的早くきたね。

半年経てばお客さんの髪を切れるようになるデザイナーが育ってくるのが見えていて、だから“半年もてばいける”というのが僕の目算だったんです。だから半年分の資金しか用意がなかった。

けれど、その「半年」が厳しかった。甘かったんです。毎月何百万もの赤字。自転車操業でなんとか資金をつないでつないでやってました。

――そこからはどう切り替えたのですか。

これは外部からお客さんを持っている人をヘッドハンティングするしかないと思った。並行して、親戚、友人に電話をして、お金貸してほしいと連絡をする日々。本当に嫌でしたね。そこから連絡が取れなくなった友達が何人もいます。

――売り上げは上がっていくけれど、固定費が追いつかないわけですね。

追いつかないんです。毎月何百万も。半年もするとすぐに何千万のマイナスが溜まります。でも、今手を挙げてしまったら保証金も内装費も億単位で残ってしまいます。

このタイミングでも税理士さん会計士さんに相談していたのですが、このときにはすでに論調が変わっていて、「限界来たら言ってね、きれいな手の上げ方教えるから」とか、店の売却相手を連れてきて紹介されたこともありました。“処理”に入ってきているわけです。世の中ってこんなふうルートが用意されているんだな、と感じました。

「資金は出すよ。そのかわり株式を持つのは無理だし、5年は辞められないよ」とか、「ここでバンザイしたら自己破産になるけれど、10年もすれば復活できるとか思っているでしょ。でも今の日本じゃ無理だから。けどいつまでもこんなことばかりできないから自分で見極めてね。君も経営者なんだし」みたいなことを散々言われて、本当に……、眠れなかったですね。

――キムタクに憧れてキレイな職場を選び、美容師に巡り合って、ACQUAといったら、それだけで甲子園にいくような憧れ方をする人も多い中で、遅刻したり甘いところもありながらも入社し、店長にまでなって、ここまで好きなことで万事うまくいっていたのが、ここにきてしっぺ返しというか……。

はい。プレイヤーとしてはある程度できたんですね。寝ずに働くとかはそんなに苦じゃなかったんですよ。そのノリでやっていたので自分が頑張ればなんとかなると思っていたんですが、この規模になると、それでは利かないことがわかってくる。もはや、自分が給与を取らなきゃいいとかいうレベルではない。そのときにはじめて、「経営って大変だなぁ」ということに気がついた。

このあとも、やっとなんとかなってきたという矢先に、今度は東日本大震災です。そのあとも半年くらいダメでした。お客さんはこない、電気が来るかもわからない。もう最悪だと思った。

髪型だけでなく、ライフスタイルをつくっていきたい

――僕が初めて広江さんに会ったのは震災の前かな?

そうですね。

――その頃から普通のサロンではなかったよね。新人アーティストのオブジェが売られていたり。

そうですね。クリエイティブなものは大好きで、どうせやるなら業界をイノベーションしたいなぁと。こういう世界の人間は、想像力は長けているんです。けれど、それと経営とは別問題で、僕の場合そこをリンクさせるのに5年くらいかかったわけです。

――なるほどね。こう聞いていると、節目節目で迷っていないですよね。即決だし。なんらかの後悔はありますか?

後悔はないですけれど、大変なことはめじろ押しでした。ただ、僕はなにも知らなかったからできたのかなと思う。この苦労を先に知っていたらチャレンジしていないかも知れません。いろいろ知りすぎちゃうとできなくなるものもあると思う。スタートくらいは勢いがないと。

――今後はどうしていこうと考えていますか?

今はすっかり落ち着いて今後は当然、店を増やしていこうと思っています。今はサロン内に花屋さんを置いているんですが、このビジネスモデルをいろんな形態に変えて展開していきたいです。例えばヘアサロン+カフェなどですね。僕は「NORA」っていうライフスタイルをつくっていこうと思っているので、美容院に髪を切りに来るというだけではなく、“キレイになるLIFE”を楽しんでもらいたいですね。

――だんだん好きなことがカタチづくられてきていますね。一方で経営はまた別の側面としてやっていかなくちゃならない。今はその両方がわかったというわけですね。

本当は優秀な経営者ならそんなことは、はじめからわかっているんだと思うのですが、僕の場合は経験してみて、失敗しないと腹落ち感がなかったんです。

――なるほど。サラリーマンではなくなって5年。どんなところが自分に合っていますか?

自分で決めて自分で行動できるのはいいな、と。勤めていたころは上司に“お伺い”をとらないといけなくて、そうなると自分で思いついたスピード感でできないのがストレスだったんですね。だから今は自分で判断できて、決断して進んでいくことができる。自分にはそっちのほうが合っているのかなって思っています。

――今、広江さんと同じように独立したい人にアドバイスをするとしたら?

大変さを地肌で感じて分かったので、会社やりたいという人に「そんな簡単じゃないよ」とようやく言えるようになった。今では帝国データバンクの倒産情報なんかも見るようになりました。これだけの会社が日々潰れているんだな、舐めちゃだめだなと。けれど、やりたいことがあってビジョンが明確で、自分の中の勝ちパターンみたいなものがあるんだったらやったらいい。ただし甘くはありません。僕にもまた修羅場は来ると思っているんです。

――たぶん、広江さんが独立するときにもそういうアドバイス、誰かかがしていたんでしょうね。

だと思います。でも、聞き入れられないんですよね。自分で体験しないと。そして、やってみてわかったのが、一度スタートしたら「やーめた」ができないんだな、と。社員もいるし、借り入れもあるし、自分の気持ちだけで辞めることができない。やり続けないといけないし、さらにブラッシュアップをし続けていかないと、また危機に直面するだろうと。

――次の危機もあると予測していて、経営のことを勉強しようという気になった。それとも誰かに任せようかなと思う?

本当はアメリカのベンチャー企業のように経営面は誰かに任せたほうがいいんだろうと思うのですが、任すにしてもある程度自分がわかっていないといけないと思っています。あまりにも数字がわからなさすぎると現場との温度差がでたり、言っていることが夢物語になってしまう。だから今年から、りそな総研がやっているビジネススクールに通っています。

――本日はありがとうございました。


<柴田からの提言>

運や気おくれしない性格が幸いしてノリでサロンの経営者に。その後、眠れないくらいの壁に激突。その衝撃が、それまでは“なんとかなるさ”の広江さんを「経営者」に成長させています。うまく行くか行かないかは、やってみないとわからない。自分を高めていけば見えてくる。そんな気づきを得た広江さんの今後のチャレンジに期待です。

次回は、ITコンサルタントから独立した経営者が登場。現在、ある図書館改革プロジェクトで脚光を浴びる方のお話です。