7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

サニックス(4651)が今日の注目銘柄!

7月1日から始まる再生可能エネルギーの固定買い取り制度では、太陽光の買い取り価格は、10キロワット以上の場合、1キロワット時あたり42円で、買い取り期間は20年です。一部国内証券の試算によれば、太陽光発電の発電コストは、安価な中国製の太陽電池を導入すると、1キロワット時あたり30円以下が可能になるため、国内の太陽電池の需要は急拡大するとの見方があります。

そこで、太陽光発電の販売・設置事業を手掛ける同社に注目します。

同社は、太陽光発電システムの販売や、廃プラスチックを燃料として再生利用したリサイクルエネルギー発電へと、テーマ性・成長性の高い分野の事業の構成比を上昇させています。また、今後は、東京・名古屋・福岡エリアのビル・マンションの不動産管理会社等の法人営業に注力することに加え、集合住宅向けに「太陽光発電システム」の販売を推進し、収益性の改善を進めていくということです。

足元業績は好調で、13年3月期通期連結業績は、売上高は380億円(前期比20.8%増)、営業利益は20億円(同388.0%増)、経常利益は19.7億円(同466.1%増)、当期純利益は18.2億円(前期は0.13億円の利益)と大幅な増収・増益の見通しです。この業績変化率の高さは魅力的です。

日足チャートをみると、20日(終値290円)は、前日比8.3倍の出来高を伴い、窓を空け、前日比+39円(15.54%)と大幅に3日続伸しました。これにより、52週移動平均線(20日現在、250円)、週足ベースでの一目均衡表の雲上限(同、277円)を一気に上抜きました。この力強い上昇力をポジティブに評価します。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。