●帝を救え!

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●董卓、洛陽に火を放ち長安に遷都する!
董卓は連合軍に対して大打撃を受け、その劣勢を挽回するために洛陽から長安へ遷都することを決めます。

もちろん皇帝(協皇子)や人民も含めて無理矢理移動させるために洛陽の家々に対して火を放ち、洛陽は廃墟。

逆らった人々は董卓や呂布達に殺されるか置き去りで死ぬか…。いずれにしても大変な被害に遭うのは一般の人々ばかりです。
●劉備、趙雲と出会う!
焼け野原の死の街となった洛陽に着いた公孫瓚と劉備達。そこで劉備と趙雲(公孫瓚配下)は初めて出会います。

※趙雲は礼儀正しい人のようです。

ここで董卓の追撃をする絶好の機会だったのですが、袁紹は洛陽で兵を休ませようとして積極的に追撃をしようとしません。

もちろん曹操、公孫瓚も憤慨するも袁紹は軍議によって追撃をしない事を決めます。

※公孫瓚は渋々ながら軍議に従いますが、曹操は単独で董卓追撃を決めます。

劉備の推測によると曹操の狙いは「帝」。仮に董卓が帝を殺したとしても、帝不在の戦乱の世となるので曹操の狙い通り。もちろん帝を救出出来れば曹操は事実上の権力者となれるわけです。
●神々・竜々、宝の持ち逃げを図るも
毎回のように仕える武将が落ち目になってゆく神々・竜々。彼等は董卓の宝を持ち逃げしようと「つづら」に宝を隠しますが…。

それが思いもよらぬ結果になろうとは…。
●曹操、火計を用いる!
曹操は董卓を追撃し、火矢によって野営をしている董卓の焼き打ちを狙います。

一方、神々・竜々は「つづら」を持ち出そうとしますが、その中には淑玲の策で「帝」が入っています。瓢箪から駒とはいえ神々・竜々は帝の救出をした功績で董卓から褒美を貰える事になります。

一方、曹操は部下の夏侯淵と共に襲撃をするも呂布に見付かり半死半生の状態で何とか逃げるのが精一杯。曹操は辛うじて劉備達によって呂布の追撃から逃れます。
●孫堅、玉璽を見付ける!
廃墟となった洛陽を調べていた孫堅は偶然ながら玉璽を発見します。そして袁紹に仮病を用いて帰国しようとしたのですが…。

しかし、彼が玉璽を見付けた事は袁紹は既に把握しており、逃げる孫堅を追う指示を趙雲に出します。

ここで劉備達は趙雲と共に劉表(劉備の遠戚)のいる荊州へと向かい、孫堅を討とうとします。

※この連合軍の分裂の隙をついて董卓は長安へと到着します。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト