時代の“しかけ人”を育てる「東京企画構想学舎」に2つの新講座が登場

写真拡大

東北芸術工科大学と株式会社オレンジ・アンド・パートナーズは、2010年に新時代を切り開いていく“しかけ人”の育成を目指す社会人スクール東京企画構想学舎を設立している。

本年7月より2つの講座を新たに開講する。

講座の1つ目は、「企画12社セミナー」と題し、「人」ではなく、「企業」や「チーム」(企画の生まれる環境)にフォーカスを当てたもの。

人が持てる企画力を最大限に生かし、世の中の共感が得られる施策を打ち出すチームはどこが違うのか、いかなる役割分担やリレープロセスをもとに企画を実現させているのかを、組織のリーダーやプロジェクト担当者、現場クルーの生のコトバからひも解いていく。

同講座は全13回。

講師には、ドワンゴ、PARTY、東京R不動産、面白法人カヤック、ライフネット生命、NPO法人グリーンズ、カフェ・カンパニーなど、多彩な分野で世の中を活気づける企業やチームを招くという。

2012年8月〜12月まで開講。

受講料は8万円。

定員は100名。

もう1つは、「クリエイティブセンス」に「テクノロジー」と「ビジネスセンス」を掛け合わせることで、実際に「企画をカタチにする(=実現する)」ことを目指す実践演習形式の講座「企画実現学科」。

2012年度のテーマを「PC・スマートフォン向けアプリ企画・開発」と位置づけ、毎回、前半は現在のビジネスシーンで要求されるデザイン力を学びとる「Seed(シード)」を実施する。

後半は実際に手を動かしながらテクノロジーを学ぶ「Farming(ファーミング)」を通し、技術者と連携していくための知識を身につけ、頭と体で企画を実現する力を磨く。

さらに、株式会社オレンジ・アンド・パートナーズが中心となり産学共同の「人材育成モデル」としてクリエイターズコミュニティ「Orange Creative Lab(オレンジ・クリエイティブ・ラボ)」を創設。

同講座の優秀な卒業生と実際のビジネスとのマッチングを行っていく予定とのこと。

「企画実現学科」は2012年7月〜10月に開講。

全10回のコースで受講料は25万円。

定員は30名。

詳細は東京企画構想学舎で紹介している。