Youtube配信の語学コンテンツが100万回突破。スマホでの視聴が増加傾向に

写真拡大

オンライン語学学習サービスを提供している株式会社イーコミュニケーションは、Youtube上で配信している同社のビデオ学習コンテンツの総視聴数が、6月15日時点で100万回を突破したことを発表した。

同社では2009年より、Youtube上において、英語をはじめ、中国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語など、保有する数千本の語学学習ビデオコンテンツの配信を行ってきた。

このほど、同社の提供コンテンツが、語学学習者の間で人気を博し、総合計100万視聴を達成。

アクセス解析を行ったところ、スマートフォンで視聴をする割合が急激に増えてきており、今年上半期だけで全体の20%にも上ることが明らかとなった。

同社では、スマートフォンでの視聴が増えたことを受け、今後はスマートフォン視聴者を意識した番組作りのため、“短時間完結”“冒頭に結論をみせわかりやすくする”などの演出にこだわった番組を作っていくという。

今後1〜2年を目処に、TVのNHK語学番組に代わる、ネット上で視聴できる最も影響力の強い語学学習番組に成長させていくよう、コンテンツの充実に努めていくとのこと。

同社がyoutubeで配信している語学コンテンツは英語、中国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、韓国語など。