断熱性能アップ&省エネルギー機器の採用でゼロエネ住宅「ソラシア」誕生

写真拡大

株式会社イザットハウスは、環境に配慮しエネルギー消費量を抑えた住まいとして「ソラシア」を新たに商品化。

6月15日から全国(一部地域を除く)で発売開始した。

同社は独自の外断熱・高気密工法、トータルバランステクノロジーを持ち、温熱環境・空気環境・劣化対策に優れた家作りを行ってきた。

このほど発売した「ソラシア」は同社の基本性能を基に、太陽光発電システム4.92kW(32坪モデル)、Low-E複層ガラス(アルゴンガス入り)高性能樹脂サッシを標準装備するなど、エネルギーや断熱性能に関する様々な工夫を施している。

「ソラシア」は、同社従来の住宅よりも断熱性能をさらにアップ。

エコキュート、小流量タイプの水栓、エネルギー消費を抑える照明器具など、様々な省エネルギー機器を採用し、現在建てられる一般的な住宅(断熱等級3、太陽光発電なし)に比べ、「生活で使うエネルギー」を年間で約65%を削減(ソラシア32坪モデルで試算)した。

それでも消費するエネルギーは、太陽光発電システムで「創エネルギー」によってカバーし、ネットゼロエネルギー住宅を実現。

さらに、省エネ生活をサポートするエネルギーの「見える化」HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)や、発電分を自家消費してもキャッシュバックされる「太陽光エコナビシステム」を搭載している。

また、耐震性に優れた木造金物構法「HSフレームシステム」を採用し、耐震等級3をクリアしている。

「ソラシア」の価格は、32坪モデルで1,980万円、28坪モデルで1,820万円、24坪モデルで1,740万円(本体価格のみの価格。

税込。

諸費用は含まず)。