もう一つの成功者?「スーパーぶら下がり社員」という道

写真拡大

目立たず、埋もれず、当たり障りなく、上司とはうまくやっていく……閉塞感漂う中堅・ベテラン社員の処世術。会社に居座り、ぶら下がると決め込んだ彼らの言葉はしかし、思いのほかポジティブだ。

波風立てずに定年を迎えるワザ

「おまえんとこの雑誌ってさ、デキる奴しか出ないよな」―筆者と20年以上の付き合いであるT氏(45歳、大手通信勤務)が呈する苦言?はまあ、ごもっともである。

「もっとさあ……何ていうか、会社で波風を立てずに定年を迎えるワザ、とかそういう記事はやらないの?そういうのを読みたい奴のほうが、ぜってー多いと思うんだけど」

T氏とて頭は結構切れるし、30代半ばで部長に昇進。上層部の評価も高い彼ですら、そんな願望を抱く。

会社生活も後半戦に入り、要領も覚え、いろいろなものが見えてきた結果だろうが、それだけではない。こんなご時勢、昇給も期待できない。でも今さら外に飛び出す気はない。責任取りたくない。切られたくない。目立ちたくない。生活水準は保ちたい。そういう人々が、恐らく今の企業社会の多数派である。彼らの処世術をルポするのも無意味ではない。

無論、エネルギーを内側にばかり向けることを潔しとしない者もいる。広告代理店勤務の並木康司氏(仮名、45歳)は、「最低限の礼儀は尽くしますが、しなくていいゴマすりはしません」ときっぱり。

「それができない僕は、周囲から嫌われていると思います。今会社にいるのは家族4人を養うため。独身ならたぶん辞めていると思う」

隣のセクションの部長が、「同行してほしい」と乞う部下の目の前で、緊急会議への出席を打診してきた役員に「全然、大丈夫ですよ」と即答したのを見たという。

「その役員の誘いなら、そう重要でないものやオフィシャルでないものも含め、何を犠牲にしてでも最優先する人。クライアントとの用事があってもそう。部員はあきらめています。そのうちしっぺ返しがきますよ」

しっぺ返しには、目に見えるものと見えないものとがある。

「上司(のパーソナリティ)を見極めて、意見を言ったり同調してもらいます。嫌らしい言い方をすれば、人を選んでそちらになびく、人を選んで文句を言うことですね」

化学メーカーの商品部門に勤める内田茂樹氏(仮名、41歳)が言うように、部下は気付かぬところで上司を選び、見捨てる。

「この人には何を言ってもムダ、という上司の場合は、一つ飛ばして上の人に言います。もちろん、後で上司へちゃんとフォローしてくれるような人じゃなければダメですが」

20代の頃の内田氏は仕事一筋だった。職場の人間関係に恵まれ、“ウラ”を考えずに済む環境だった。自身も仕事をガツガツこなし、社内でのしあがることを考えていた。会社にとってかけがえのない存在になりたい、という一念があった。

しかし30代半ばで異動先の上司から手ひどいパワハラを受け、うつ病に。約1年の休職を強いられた。

「働き甲斐より生き甲斐。家族との繋がりを大切にすることにした。そのため、年功序列でそれなりに稼げるこの会社に居座ることにしました。一生懸命仕事はしますが、ムチャは禁物。目立ちすぎず、埋没しすぎず、当たり障りないように過ごします」

今後は資格を取るよりも、“この商品のことなら社内でトップ”“これはこいつにしかできない”などと言われるスキルを磨いていくという。

「今の会社の風土はわかっています。この人はここでこう言えば怒るし、こう言えばなびいてくる、とか、この部門のキーマンはこの人……等々、マニュアル化できない組織や人の急所も熟知しています」

そう語るのは、準大手電機メーカーの竹上正文氏(仮名、50歳)。

「新天地で一から人間関係を積み上げるのは大変ですから、今の会社にい続けるつもり。社内の機密情報に他の部署より早く触れるから、仕事のモチベーションは高く保てます」

竹上氏は、今後の会社生活は上司とのコミュニケーションの密度で決まる、と言い切る。

「はっきり言って、上司は好き嫌いで部下の処遇を決めます。悪い意味で目を付けられないことが重要。パワハラの対象にもならないように、適度のコミュニケーションを心がけ、報・連・相を徹底しています」

上司の言うことには“イエスマン”に徹し、まずは「おっしゃるとおり」と受け容れる。上司と昼食を共にしたり、短い時間でもいいから話す場面を多くつくる。あいつはよくやっている、と思わせることが大事だ。

竹上氏は、社内で「最後の職場」と陰口を叩かれた部門に、30代で異動させられた。周囲は病気や左遷で飛ばされてきた50代が大半。現在も、部下は年上ばかりである。

「カラ元気でもいいから、明るく元気に振る舞うことを心がけています。暗くて元気のない人は、やはりリストラの対象になりがち」……単純だが、大切な処世術だろう。

億単位の貯金があっても不安

中沢響子氏(仮名、40歳)は金融機関の課長クラス。リスク管理業務に従事し、年収は800万円台だ。

「仕事にはさほどやり甲斐を感じませんが、今の会社で活路を見出すしかないですね。他の人にできない業務に就いているから、頑張って何とか会社にぶら下がっていきたい」

若いうちは「仕事さえちゃんとやっていればいい」と周囲に角が立つくらい懸命だったが、今は根回しを最も意識する。部長は今もたくさんいるから、昇進は至難の業だ。酒に弱く、内輪で飲むことはほとんどないから、コミュニケーションの絶対量は同僚に比べてずっと少ない。

「出る杭といっても、出すぎるほど出るには力量が必要。税理士の資格も持ってるし、TOEICで930点を取った。米国公認会計士も一科目だけ合格したけど、資格ばかり取っても実務には関係ないですね」

3年前、20歳年上の男性にプロポーズされたが、「考えすぎちゃって」断った。一昨年に株取引で400万円損したおかげで、預貯金は約2000万円に減った。

「貯金が億単位あっても不安ですね。一人っ子だから、無事に定年まで勤めたら田舎の父の家で一緒に暮らすというのもいいな。あの世には私が先に行くつもりなので(笑)」

一見、後ろ向きのコメントばかりだが、どの方も仕事への意欲は低くはない。高度成長期やバブルの残像を逃れた“大人”な方々……と見るのは贔屓目にすぎるだろうか。

※すべて雑誌掲載当時