●燃える都

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●劉備、公孫瓚を頼る!
洛陽を追われた劉備達は北平の公孫瓚を頼ります。公孫瓚はかつて劉備と盧植先生の元で学んだ間柄、そんな彼は劉備を歓迎すると思われます。
●曹操、陳宮と出会う!
一方、これまた洛陽を追われた曹操は商人に変装して逃げていたのですが中牟県の県令であった陳宮に見込まれ彼と行動を共にします。曹操は彼の父の知り合いである呂伯奢を頼って故郷へと戻るのですが…。

呂伯奢は曹操を歓迎したのですが、何処かで刀の音が…。それに驚いた曹操は呂伯奢の家の者を惨殺します。ところが、彼等は単に猪の料理を作ろうとしていただけだったようです。

しかも曹操は途中で出会った呂伯奢までも口封じで殺害してしまったのです。これらを目の当たりにした陳宮は曹操とは袂を分かつことになります。
●曹操、打倒董卓の連合軍を集結させる!
結局、曹操は袁紹を総大将として打倒董卓の連合軍を集結させます。そして、公孫瓚の元にいた劉備達も参加する事になります。

一方、洛陽の董卓は華雄を大将として連合軍を迎え撃とうとします。

華雄は連合軍に一騎打ちを申し込むのですが…。
●関羽、華雄を討つ!
華雄と一騎打ちをするのは当時無名の関羽、彼は曹操の勧める酒が冷めるまでに華雄の首を取ることに成功します。

しかし、身分ばかりを重視する袁紹は関羽に対して冷遇します。ここは関羽も劉備の指示により引き揚げる事になります。

一気に劣勢となった董卓は呂布を連れ出して自ら出陣し決着を付けようとします。
●呂布、公孫瓚と対峙する!
呂布と一騎打ちをする公孫瓚、しかしその力量の差は歴然。そこに飛び込んできたのは関羽・張飛、そして劉備。結局、呂布を3人掛かりで攻撃することで呂布を撤退させることに成功します。

これによって連合軍は俄然優勢となるのですが…。
●董卓、洛陽に火を放ち長安に遷都する!
董卓は連合軍に対して大打撃を受け、その劣勢を挽回するために洛陽から長安へ遷都することを決めます。

もちろん皇帝(協皇子)や人民も含めて移動させるために洛陽の家々に対して火を放ち、洛陽を廃墟にすることを企みます。

もちろん、多くの民は殺されますが…。董卓はお構い無しのようです。

そんな暴君・董卓を討つことが出来るのでしょうか?

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト