東中野駅西口「アトレヴィ東中野」8/31オープン - 生活密着型11店舗を展開

写真拡大

JR東中野駅西口に8月31日、地上5階建ての駅ビル「アトレヴィ東中野」がオープンする。

「Delightful Cube 〜ふれあいが聞こえる、いつもの場所〜」をコンセプトに全11ショップを展開する。

JR東日本の東中野駅には中央・総武線各駅停車が停車する。

都営大江戸線の駅とも接続しており、2010年度の1日平均乗降人員はJR東日本が7万8,700人、都営地下鉄が2万5,600人。

駅西口では駅前広場や地下駐輪場、人工地盤、連絡通路、駅ビルなどの整備が進められてきた。

「アトレヴィ」は小規模タイプのアトレで、コンパクトながらも地域に密着した上質なライフスタイルを提案。

信濃町、五反田、田端、巣鴨、三鷹に続く6店舗目として、「アトレヴィ東中野」がオープンする。

成城石井(2階)やデリフランス(1〜2階。

ヴィ・ド・フランスが運営)、ブックストウキョウドウ / ペーパーバックカフェ(3階。

ともに東京堂が運営)など、生活密着型のショップを集めたほか、9月に総合クリニック(4階)が、10月に保育所(5階)がオープンする予定だ。