絶対お薦めの花火大会!




夏と言えば花火! 夏になればあちこちで花火大会が開かれますが、あなたは行ったことありますか? カップルで、夫婦でしっぽりと花火見物なんていかがでしょうか。マイナビニュース会員のみなさんに、お薦めの花火大会を聞いてみました。



調査期間:2012/5/3〜2012/5/7

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 899件(ウェブログイン式)



Q.あなたの地元で花火大会は行われていますか?



はい 52.8%

いいえ 47.2%



なんと! 半数の人が地元で花火大会をやっていると答えました。花火大会は全国あまねく広く行われているんですね。日本の花火製作会社はどこもフル回転で、有名な会社、花火師さんになると数年後まで予定が詰まっていると言われますが、これだけ全国で花火大会があれば、それもうなずける話です。



Q.その地元の花火大会はお薦めですか?



はい 58.4%

いいえ 41.6%



「はい」と答えた人は約6割。残念ながら約4割の人はお薦めしないと(笑)。この質問に「はい」と答えた人に、そのお薦め花火大会はどこでやっているかを聞いてみました。



●北海道の帯広市で行われる勝毎花火大会(北海道/男性/29歳)



これは有名な花火大会です。開催回数も今年で第62回。打ち上げ花火の数もケタ外れでなんと20,000発を予定しています。8月13日開催。



『勝毎花火大会』

⇒http://www.tokachi.co.jp/hanabi/



●秋田県秋田市。地元の中学生が考案した花火も打ち上げられる(秋田県/男性/28歳)



これは『雄物川花火大会』です。昭和63年7月に雄物川放水路完成50周年を記念して、第1回の花火大会が開催されました。翌年は秋田市市政100周年記念行事として開催。昨年は、3.11の大震災があったので「がんばろう東北!!」をスローガンに行われました。今年は8月11日に開催です。



『雄物川花火大会』

⇒http://www.city.akita.akita.jp/city/sc/ws/hanabi.htm



●秋田県大仙市。有名だから見てほしい(神奈川県/女性/29歳)



調べましたら、これは非常に由緒ある花火大会です。日本三大花火大会に1つです。2012年、今年の花火大会でなんと第86回! 大曲の諏訪神社の余興花火が「第1回奥羽六県煙火大会」として開催されたのが明治43年(1910年)。8月25日開催です。



⇒大仙市の全国花火競技大会

http://www.city.daisen.akita.jp/content/hanabi/index.html





●茨城県土浦市(茨城県/女性/26歳)



『土浦全国花火競技大会』ですね。これも全国三大花火大会の1つです。大正15年(1925年)に、新龍寺の第24代住職が私財を投じて始めた花火大会が元です。戦争で中断しましたが1946年に復活。今年でなんと第81回になります。全国の花火師が腕を競う、素晴らしい大会です。今年の日程はまだ出ていませんが、毎年10月の第1土曜日と決まっているようです。普通にいけば10月6日開催です。



⇒『茨城県土浦市』

http://tsuchiura-hanabi.jp/



●隅田川(東京都/女性/23歳)



来ました! 江戸っ子ならこれを見なくちゃ! 今年で第35回になる花火大会です。この名称になったのは昭和53年からですが、それ以前は「両国の川開き」を呼び名としていました。両国の花火の歴史は古く、享保17年(1732年)、徳川吉宗の時代にまでさかのぼります。7月28日開催。



⇒『隅田川花火大会』

http://sumidagawa-hanabi.com/



●みなとみらい(神奈川県/女性/25歳)



『神奈川新聞花火大会』のことですね。調べてみると、今年の予定はまだ出ていませんでした。ランドマークの夜空に映える花火はさぞかしキレイなことでしょう!



●愛知県名古屋市、熱田神宮(愛知県/女性/23歳)



『熱田まつり 花火大会』のことです。ちなみに熱田神宮内からは花火は見えないようです(笑)。「周辺の白鳥公園などから見るといい」とは名古屋の人からのアドバイスです。6月5日に開催されます。



⇒『熱田神宮』

http://www.atsutajingu.or.jp/



●琵琶湖の花火大会は遮る物がなくてとてもきれい(滋賀県/男性/27歳)



『びわ湖大花火大会』です。2012年も開催決定で、日取りが最近発表されました。8月8日です。琵琶湖に上がる花火は美しいでしょうね。



⇒『2012びわ湖大花火大会』

http://www.biwako-visitors.jp/hanabi/



●大阪府富田林市 PL花火(大阪府/女性/28歳)



これは有名ですね。PL(パーフェクトリバティー)教団が毎年行っている『PL花火芸術』です。大阪人には「PL花火」と言われて親しまれています(笑)。昭和28年(1953年)に、教祖が亡くなった15年祭として松山で花火を打ち上げたのが事実上の第1回だそうです。開催は毎年8月1日です。



⇒『PL花火芸術』

http://tktaku.com/PL/



●新潟県長岡市(新潟県/女性/27歳)



これは『長岡まつり大花火大会』です。こちらも日本三大花火大会の1つ。花火大会は『長岡まつり』(8月1日〜3日)の中で2日間(8月2日、3日)に分けて行われます。花火大会の起源は、明治12年(1879年)に遊郭関係者が打ち上げた350発の花火。明治39年(1906年)から本格的な花火大会になったようです。



⇒『長岡まつり大花火大会』

http://nagaokamatsuri.com/index.html



●広島県廿日市市宮島町(広島県/女性/32歳)



『宮島水中花火大会』です。ホームページを見ると「本大会の特徴はその名の通り水中花火です。中でも水中尺玉(30cm玉)が100発も見られる花火大会はここ宮島だけでしょう」と書かれています。宮島で見られる一大スペクタクルですね。ぜひ一度見てみたいものです! 開催は8月11日です。



⇒『宮島水中花火大会』

http://www.miyajima.or.jp/event/event_hanabi.html



●沖縄県宜野湾市(沖縄県/女性/31)



「日本で一番早い夏の大花火」と銘打たれた沖縄県宜野湾市の『琉球海炎祭2012』です。残念ながら4月21日に終わってしまいました。沖縄の澄んだ夜空に上がる花火はきれいだったことでしょう。



⇒『琉球海炎祭2012』

http://www.okinavita.jp/?module=CMS&page_id=352



夜空に大輪の花を咲かせてぱっと消えてしまう花火は、まさに日本の美の結晶です。今年の夏は浴衣を着て花火を見に行ってみませんか?





(高橋モータース@dcp)