ケイタマルヤマのドレスが選べるウェディング T&Gが提供

写真拡大

 デザイナー丸山敬太が手掛けるウェディングドレスが、テイクアンドギヴ・ニーズ(=T&G)のブライダルサービス「Haute couture Design(オートクチュールデザイン)」を通じて販売がスタートした。「KEITA MARUYAMA(ケイタ マルヤマ)」と「Haute couture Design」の提携により、プレタポルテとフルオーダーメイドの2通りで展開される。 丸山敬太のウェディングドレスの画像を拡大

 「KEITA MARUYAMA」のウェディングドレスは、「新婦に最も似合うウェディングドレスをシーンに合わせてデザインする」という丸山敬太のコンセプトと、「Haute couture Design」の新しいウェディングスタイルを創り上げたいという想いが一致し、展開がスタート。プレタポルテラインは、ミニマムからクラシックタイプ、丸山敬太の世界観を感じることができるフラワーレースのロングドレスなど、様々なデザインがそろう。一方フルオーダーメイドでは、ヒアリングや仮縫い、フィッティングの行程を経て、世界で一つだけのウェディングドレスが完成する。 「Haute couture Design」は、顧客のヒアリングをもとに、会場探しから演出、アイテム、当日施工まで全てをトータルでプロデュースするサービス。T&Gによってプロフェッショナルチームが組成され、2012年3月にスタートした。取り扱っているウェディングドレスは「KEITA MARUYAMA」のほか、バルセロナに本社を構える「PRONOVIAS(プロノビアス)」やスペインの「ROSA CLARA」など。特別な日を最高のかたちで迎えるための演出が提供されている。■Haute couture Design http://www.tgn.co.jp/hcdesign/