ネットビギナーに送る! 最新ネット用語集!



日々独自の進化を遂げているインターネットの世界では、一般の人がわかりにくい言葉やスラングが多数生み出され、使用されています。そこで今回は、あまりネットに詳しくない人に向けて、インターネット上でよく使用される隠語や用語の解説をいたします。



●ステマ

ステルスマーケティングの略。ステルスマーケティングとは、消費者に宣伝と気づかれない形で行う広報行為のことで、ここ数年で爆発的に使われるようになった。



●鬼女(きじょ)

既婚女性を略したものに当て字をしたもの。2ちゃんねるなどで使用されているケースがほとんど。掲示板内の既婚女性ユーザーはなぜか男性ユーザーから畏怖(いふ)の存在と恐れられており、鬼女という表現が的確であるとされている。



●喪女(もじょ)

異性にモテない女性のことをさす。モテない女⇒モ女⇒喪女、となっている。これとは逆に、モテない男性のことも喪男と表記される。



●オワコン

ユーザーからすでに飽きられ、見捨てられたコンテンツの意味。主にアニメファンの間で、過去の作品について使用されてきたが、最近ではアニメファン同士が互いのひいき作品をけなしあう際に使われているケースが目立つ。



●ディスる

「侮辱する」という意味。もともとはヒップホップ用語だったが、ネットユーザーに浸透した後、いまではネットをしない一般層にも広がってきてる。





●△

カッコイイと思う有名人に使われる言葉で、「さんかっけー」と読む。使用例としては「ダルヴィッシュ△」となり、この場合は「ダルヴィッシュさんかっけー」となる。





●ポチる

オンライン通販サイトのアマゾンで商品を購入することをさす。ボタンとポチっと押すことからきている。ちなみにアマゾンは密林、konozamaなどの隠語で呼ばれることもある。





●リア充

日常生活が充実している人のことをさすネットスラング。本来は恋人のいるユーザーのことを意味する言葉だったが、いまでは友人関係が充実していたり、スケジュールが多忙な人のことを「リア充」と呼ぶユーザーが増えている。



●ふぁぼる

お気に入りに登録するという意味。元は英語のfavorite(お気に入り)をローマ字読みしたものからきており、主にTwitter上で使用されている。



●むくり

起床した様を表す言葉。主にTwitter上で使用されており、フォロー数が多い人は早朝にタイムライン上に「むくり」ばかり羅列されるケースもしばしば。



●リムる

フォローしているユーザーをフォローしていない状態に戻すことを意味するTwitter用語。自分からフォローを外す場合は「リムる」、相手にフォローを外された場合は「リムられた」などと使う。



●よるほー

午前0時を知らせる意味で、主にTwitter上で使われているスラング。夜中にフクロウが「ホーホー」と鳴くことが語源とされている。一時期はしつこいぐらいに使用されていたが、最近では飽きられたのかあまり見なくなっている。



普段あまりネットをしない人だとなかなか見かけない、もしくは見かけてもわからないものばかりですが、覚えておくともしもの時に役立つかもしれませんよ。ただ、日常会話の中で使うと少し浮いてしまうので要注意です(笑)。



(貫井康徳@dcp)