日産、小型SUV「ジューク」の特別仕様車を発売 - あわせて一部仕様向上も

写真拡大

日産自動車は19日、小型SUV「ジューク」の特別仕様車「プレミアムホワイトパッケージ」を発売した。

ベース車は「15RX Type V」「16GT Type V」「16GT FOUR Type V」の3グレードで、価格は210万円から266万2,800円。

今回発売する特別仕様車は、ホワイトのフロントセンターコンソールやパワーウインドウスイッチフィニッシャー、白のステッチを施したブラックの本革シートを専用装備として採用。

エクステリアには、専用17インチアルミホイール、高輝度シルバー色のドアハンドルやドアミラーなどを特別装備としている。

同時に、ジュークの一部仕様向上とグレード体系の見直しも行われた。

全車共通の仕様向上として、運転席バニティミラーや収納形状を変更した小物トレイを採用。

ターボグレードは、従来の「16GT」「16GT FOUR」をベースに、インテリジェントキーやエンジンイモビライザー、プッシュエンジンスターターなどを標準装備した「16GT Type V」と「16GT FOUR Type V」の2グレードとしている。

エンジンは、DOHC直列4気筒のHR15DE、もしくはMR16DDTを搭載し、トランスミッションはエクストロニックCVTとエクストロニックCVT-M6のいずれかを採用。

駆動方式は2WDと4WDが用意されている。

乗車定員は5名。

なお、同社関連会社のオーテックジャパンも、ジュークの一部仕様向上にあわせて「ジューク アーバンセレクション」の一部向上を果たし、19日に発売した。

価格は198万4,500円から224万1,750円。