【男性編】自己紹介をするときに失敗したなぁと思ったことランキング


やっちまった……そんな苦い経験はありませんか?





入社したばかりの新人のとき、部署異動のときなど、いろいろな場面で自己紹介というものを経験してきたと思います。しかし、何度経験しても慣れないもの。自分の順番が回ってきたら舞い上がってしまい、思いがけない失敗をしたこともあるのではないでしょうか? 男性335名に聞いてみました。





Q.自己紹介をするときに失敗したなぁと思ったことを教えてください(複数回答)

1位 緊張してどもってしまった 32.5%

2位 頭が真っ白になって言葉が出てこなかった 15.9%

3位 軽く言った冗談がウケなかった 15.5%

4位 ほかの人より、極端に話が短かった 14.6%

5位 出だしの言葉が詰まってしまった 6.6%







■緊張してどもってしまった

・「あがり症なもんで」(39歳/その他)

・「名前をどもった」(28歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「自己紹介は緊張するので、うまく話せない」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「緊張しすぎて考えていたことがスコっと抜けました」(40歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「よく緊張するので、考えてきた話が断片的になって、焦ってしまいました」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





■頭が真っ白になって言葉が出てこなかった

・「シミュレーション通りにはいかなったので」(28歳/その他)

・「事前に用意していた話がほとんど出てこなかった」(32歳/情報・IT/技術職)

・「緊張して、言おうとしたことを忘れてしまう」(28歳/情報・IT/技術職)





■軽く言った冗談がウケなかった

・「軽く言ったジョークが鼻で笑われた」(23歳/食品・飲料/専門職)

・「ありがちですね。ちょっとウイットを効かせられればいいのですが、思いつかないことが多いです」(41歳/その他)

・「冗談のつもりが、まったくうけず、滑りまくり。よくあります」(33歳/機械・精密機器/営業職)





■ほかの人より、極端に話が短かった

・「アピールがヘタなので、どうしても短くなる」(44歳/情報・IT/技術職)

・「話すことがすぐには思いつかない場合が多い」(27歳/ソフトウェア/技術職)

・「自分は名前だけ言って終わったのに、あとの人は一言つけていたときがあったから」(26歳/不動産)





■出だしの言葉が詰まってしまった

・「何を話せばいいのかわからず、頭の中が真っ白になったから」(25歳/その他)

・「人見知りなので、初対面の人間と話すときは緊張して、出だしの言葉が出てこない」(32歳/その他)

・「はじめにつまずくと、なんとなく先行きが不安だから」(28歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)





■番外編:やっぱりどこか落ち着きがない自分

・うまく話せなかった「むちゃぶりをされたが、うまく返しができなかった」(22歳/団体・公益法人・官公庁)

・早口になってしまった「自己紹介に限らず、人前で話すと、ついつい早口になってしまう」(28歳/その他)

・ネガティブなことを言ってしまった「学生時代の自分で言った自己紹介の内容は覚えていないのだが、ネガティブなことを言ったことは覚えていて、いまだに後悔している」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)





総評

1位は「緊張してどもってしまった」でした。人数も圧倒的で、緊張のせいで失敗したケースが多いようです。わかっていても、いざそのときになると同じ失敗を重ねてしまうよう。こればかりは、慣れるしかないのでしょうか?





2位「頭が真っ白になって言葉が出てこなかった」や、4位「出だしの言葉が詰まってしまった」も1位と似ていますね。思うように言葉が出ずに、苦戦している様子が目に浮かびます。





3位は「軽く言った冗談がウケなかった」でした。せっかくのチャレンジ精神も、つまずいてしまったというケースです。皆さんにも一度は経験があるのではないでしょうか? 初めての場所ではどのようなネタがウケるかわからないので、鉄板ネタ以外は避けたほうがいいのかも。





なかなか思い通りにいかない自己紹介ですが、失敗したからと言ってあまり気にしないでくださいね。他人から見れば、そんなに人のことはいつまでも覚えてないでしょうから。失敗を次の機会に生かして、ぜひ成功させてくださいね。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)





調査時期:2012年4月26日〜2012年5月9日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性335名

調査方法:インターネットログイン式アンケート