ロンドンオリンピックのマラソンコースを走る!?「RUN@LONDON」リリース

写真拡大

IOC(International Olympic Committie)スポンサーのパナソニック株式会社は、ロンドンオリンピックのマラソンコースを実際に走ったかのような体験ができるWEBコンテンツ「RUN@LONDON」を2012年6月18日にリリースした。

このほどリリースした新コンテンツRUN@LONDONでは、まず自分の代わりとなって走るランナーを作成しスタート。

ロンドンオリンピックのマラソンコースのスタート地点であるザ・マルから、トラファルガー広場、セントポール大聖堂、ギルドホール、タワーブリッジ、ビッグベンなどの名所を経由し、周回コースを走る雰囲気が味わえる。

同社ではリリースにあわせ、プレゼントが当たるRUN@LONDONプレゼントキャンペーンも実施。

ロンドンオリンピック観戦ツアーのほか、デジタルムービーカメラ、オリンピックオリジナルグッズなどが抽選で当たる。

キャンペーンは6月18日〜7月9日まで実施する。

さらに7月以降、同サイトは順次グローバル展開する。

Facebook・Twitterとのコネクト機能も実装され、世界中のユーザーとロンドンオリンピックのマラソンコースを走ることができるという。

対応言語は日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語の予定。

また、同社はロンドンオリンピック スペシャルサイト号外メーカー2も公開している。

同サイトは、好きなように大見出しの選択、写真のアップロードができ、自分だけの号外新聞を作ることができるWEBコンテンツ。

スマートフォン版もリリースしており、ダウンロードして使用可能とのこと。