NY MoMAで日本の戦後アヴァンギャルドを振り返る展覧会

写真拡大

 国際交流基金が、現代美術展「東京 1955-1970」をニューヨーク近代美術館(MoMA)で11月18日から開催する。1970年に開催された大阪万博のシンボル「太陽の塔」を手がけた岡本太郎や、1960年代前半に前衛芸術グループ「ハイレッド・センター」を結成した赤瀬川原平や中西夏之など、戦後の東京を拠点に活動した現代美術家たちの前衛的な作品約300点を展示。60年代を中心とした日本の現代美術を21世紀の新たな視点から紹介する。会期は2013年2月25日まで。 NY MoMAで日本現代美術展の画像を拡大

 「東京 1955-1970」では、1955年から1970年の期間に首都東京を拠点に活躍したアヴァンギャルドなアーティスト達にフィーチャー。会場はメタボリズムを中心とする建築、1950年代、60年代の具象的な絵画、実験工房、反芸術とハイレッドセンター、草月アートセンターでの活動、写真、グラフィックアートなどのセクションで構成。日本からの出品作品とともに、ニューヨーク近代美術館の所蔵するコレクションから選ばれた作品が展示される予定。1950年代に政治的・社会的な事件や事象を取材して「ルポルタージュ絵画」と呼ばれる作品群を描き注目を集めた中村宏や、グラフィックデザイナー横尾忠則らの作品が出展される。 「東京 1955-1970」は、国際交流基金が2012年で設立40周年を迎えることを記念し、国際交流基金とニューヨーク近代美術館で共催で実現した。国際交流基金は、1994年から1995年にかけて戦後美術を総括した大規模な展覧会「Japanese Art After 1945: Scream Against the Sky」をグッゲンハイム美術館とサンフランシスコ近代美術館の共催により実施している。■現代美術展「東京 1955-1970」 会期:2012年11月18日〜2013年2月25日  会場:ニューヨーク近代美術館(6階特別展示室を予定)  URL:http://www.moma.org/