子育てママの声をとり入れた、オーガニックな新生児服を発売-良品計画

写真拡大

無印良品を企画、開発する良品計画は、文化服装学院との共同企画開発による新生児服を、7月25日より全国の無印良品(子供服取扱店舗のみ)にて発売する。

この新生児服は、良品計画社内に研究の場としてもうけられている「くらしの良品研究所」のWEBコミュニティーでアンケートを実施。

新生児を育てるママ約3,500人の声をとり入れ、文化服装学院と共同開発したもの。

完成した商品の使い心地についても、100人のママにモニター協力してもらったという。

商品の特徴は、オーガニックコットン100%の綿糸を、伸縮性のあるフライス編みに仕上げたこと。

あおむけで寝ていることが多い新生児の肌への負担に配慮し、後身頃を切り替え線の無い1枚に仕立てるとともに、バインダー部分は可能な限り薄く仕上げた。

また、後身頃を1枚仕立てにしたことで生地の伸縮性が最大限に活かされ、着脱しやすい仕様になった。

さらに、腹部が大きい新生児の体型に合わせるため、前身頃の脇部分を立体的な仕様にした。

スナップボタンやひも部分は、閉じ間違いを防止するために配色を工夫している。

商品ラインアップは以下の通り。

「オーガニックコットンフライス短肌着2枚組」-各色1,000円(税込み)。

「オーガニックコットンフライスコンビ肌着2枚組」-各色1,550円(税込み)。

「オーガニックコットンフライスグレコロンパース2枚組」-各色1,550円(税込み)。