体長11メートル!夏休みは首長竜に会いに行こう-センチュリーミュージアム

写真拡大

センチュリーロイヤルホテルは、夏休み時期の7月8日から8月31日まで、国内最大のクビナガリュウと希少なアンモナイトを展示する「センチュリーミュージアム」を開催する。

注目の展示は、北海道中川町のエコミュージアムセンター自然誌博物館が所有する、全長11mの巨大なクビナガリュウ(モレノサウルス)の全身骨格(レプリカ標本)。

また、主に日本でのみ多く発掘される異常巻きアンモナイト「ニッポニテス」も見どころだ。

主な展示品は以下の通り。

すべて天塩中川地域から産出(発見)された化石だ。

【モレノサウルス(クビナガリュウ)全身骨格標本】国内最大・全長約11m【モレノサウルス(クビナガリュウ)】実物化石の一部【アンモナイト】真珠光沢のある宝石の様に美しいアンモナイト【ニッポニテス】日本でのみ多く発掘される異常巻きアンモナイト【巨大アンモナイト】60cm以上あるアンモナイトに触れられる開催期間は7月8日〜8月31日。

開催場所は札幌市・センチュリーロイヤルホテル。

見学無料。