●怪物 都を制す

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●董卓の洛陽入り
何進の死、十常侍の誅殺により混乱を極めている都・洛陽にやってきた董卓。

彼は百名以上の武官・文官を集めた祝いの席で、現皇帝である弁皇子を侮辱し皇帝に代わって摂政となることを宣言します。

殆どの者が黙している中、董卓に対抗するのは丁原。もちろん董卓からは睨まれる事になるのですが…。
●丁原の子、呂布
帰路、丁原は董卓の配下の者から襲撃を受け重傷を負います。その事を知った彼の子である呂布は一人、董卓陣営に斬り込みます。

天下無双の力を持つ呂布に対抗出来ない董卓、参謀の李儒と一計を案じますが…。

董卓「呂布を我が息子にするのだ!」

この計略を成立させるためには、呂布の幼馴染である李粛の働きと大きな代償が必要となります。
●赤兎馬、呂布に贈られる!
李粛は赤兎馬を手土産に呂布を訪問します。もちろん、赤兎馬を受け取る条件は董卓の長子(息子)となることですが、そのためには養父・丁原の存在は邪魔。そこで何と呂布は丁原を殺害し董卓の元へ馳せ参じます。

※呂布の人生はこの後も裏切りの繰り返しとなるわけですが…。
●弁皇子の死
結局、董卓の簒奪により皇帝の座を下ろされた弁皇子とその母である何皇后。董卓に対して不満を述べたが最後、呂布により高所から母子共々突き落とされてしまいます。

※なお協皇子(後の献帝)が皇帝となっています。
●貂蝉の狂言
曹操は王允から七星の宝刀を譲り受け、それを董卓へと献上しようとします。しかしそれは表向き、実際は曹操は董卓の暗殺を目論んでいたのです。

王允の家に住んでいた貂蝉、彼女は関羽を罠に嵌め彼を地下牢送りとしてしまいますが…。

それも貂蝉の狂言。結果として劉備・関羽・張飛は無事再会し、曹操と共に董卓の暗殺を持ち掛けられます。
●董卓暗殺は失敗するも
結局、劉備に断られた曹操は単独で董卓の暗殺を試みますが、呂布に阻まれてしまいます。

そこに割って入った劉備達、曹操を救出したのですが、その後の呂布の追撃により窮地に陥ります。

結局、劉備は呂布から逃げ切りますが…。

暴君・董卓を倒すのは誰なのでしょうか?

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト