10代とは違う! 20代女性が考える「大人の恋の魅力」




中学・高校時代の恋愛は、経験の少なさから生まれる楽しさがあったように思います。では、大人になると恋愛はどう変わっていくのでしょうか? 20代女性のマイナビニュース読者に、「大人の恋の魅力」をアンケートしました!



調査期間:2012/4/10〜2012/4/14

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 979件(ウェブログイン式)



■お金をかけられる分、ロマンチックなムードを味わえる (27歳/女性)



もっとも多かったのがこの意見。確かに、学生時代はなかなか雰囲気作りにお金を掛けられませんからね。逆に大人の恋では、これがないと大きな減点になる気がします。



■時間のないなかで恋をするので、密度が濃い(25歳/女性)



社会人になると1日中恋愛のことは考えていられない。その分、相手と会う時間は貴重なものになるかもしれません。「地に足ついた恋になる」との意見もありました。



■ちょっとした会話から将来が見える具体性が良い(29歳/女性)



そうですね、大人の恋はそのまま将来につながる可能性が高いですからね。なんとも重みのある言葉。今後は気を引き締めようと思います、なんとなく。



■ドロドロした駆け引き(28歳/女性)

■壮絶な駆け引きに勝ったときの満足感(28歳/女性)



10代のころも駆け引きはあったでしょうが、経験を重ねた分、緻密(ちみつ)さは増すのかもしれません。ただ「満足感」を得られるのは、相当なツワモノだけの気もしますが……



■相手を思いやれるようになる分、深い付き合いになる(29歳/女性)



人それぞれだとは思いますが、大人になると、衝動的な恋愛より相手をしっかり知ってから好きになるような気がします。その分、深みが増すのかもしれませんね。



10代が「ドキドキしたスリリングな恋」なら、20代以降は「落ち着いた深みのある恋」といったところでしょうか。多くの方が、10代のころに負けず劣らず、大人の恋を満喫していることがよく分かりました。僕も恋がしたい……そう思った春でした。



(J.B.河合+プレスラボ)