オリコ、電子マネー付きのゴールドカードを募集開始 - ラインナップが充実

写真拡大

オリエントコーポレーションは15日、2種類のVisaブランドによるゴールドカードを開発し、ゴールドカードのラインナップを充実させると発表した。

一つは後払い電子マネー「iD」と「QUICPay」を両方搭載したゴールドカード「Premium Gold iD×QUICPay」。

年会費は1950円(税込)。

同カードのコンセプトは「思わず人に見せたくなるカード。

キラリ光る自分らしさ。

」。

電子マネー「iD」と「QUICPay」以外に、「ライフサポート倶楽部」、Visa国際線手荷物宅配サービスなどが利用できる「Visaゴールドカードプラットフォーム」などのサービスを付帯。

またポイントサービスは、スタンダードカードと比べさらに20%加算されている。

もう一つは「Premium Gold iD×QUICPay」の上位ゴールドカードとなる「The Gold」。

年会費は1万500円(税込)。

「空港ラウンジサービス」や「ゴールドロードサービス」が付帯されており、ポイントは、スタンダードカードと比べさらに50%加算の特典となっている。

いずれのカードも海外旅行傷害保険が自動付帯されているので、カードを持っているだけで補償の対象となる。

「The Gold」は26日より募集を開始し、2種類で初年度1万人の新規入会を目指している。