【女性編】もう一度食べたい給食のメニューランキング


待ち遠しかった給食の時間





好きなものも苦手なものもあった給食。献立を見ては、一喜一憂していました。振り返ってみると、それ自体も思い出のひとつだったりします。皆さんのもう一度食べたいものはどのメニューでしょうか? マイナビニュース会員の女性433名にうかがいました。懐かしいあの味が勢ぞろいしていますよ。





Q.もう一度食べたい給食のメニューを教えてください(複数回答)

1位 揚げパン 28.6%

2位 ソフト麺 18.1%

3位 カレー 11.6%

4位 フルーツポンチ 7.8%

5位 コーヒー牛乳 7.6%







■揚げパン

・「揚げパンは本当に好きだった。既成品で揚げパンは売っているが、給食の揚げパンとは全然違う。家族全員で揚げパンが好きで、食べなかった分は持って帰っていた」(25歳/金融・証券/専門職)

・「食べにくいけれど、懐かしい味でいまも大好きです」(25歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「きな粉の香ばしさと甘さが絶妙だったと思う」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)





■ソフト麺

・「給食でしか見かけないから」(24歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「ソフト麺とミートソースが好きだった」(40歳/小売店/事務系専門職)

・「うどんはコシがあるほうが好きだが、昔、ソフト麺は楽しみにしていたので、いま食べても美味しいか、たしかめたい」(33歳/生保・損保/事務系専門職)





■カレー

・「給食のカレーの味は、どう頑張っても家で再現できない。子どもながらに美味しく食べていて、また食べたい」(25歳/その他)

・「どこのカレー屋にいっても、あの味をしのぐものがない」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「これぞ給食という感じ」(34歳/その他)





■フルーツポンチ

・「果物や寒天が入った大きなボウルに、サイダーを注いで作ったフルーツポンチが忘れられない。炭酸は苦手なのに、なぜか美味しかった」(24歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「当時はこれを楽しみに、苦手な給食を頑張って食べていた」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「ほかのものは給食よりもお店や家で作ったものの方がおいしいが、なぜかフルーツポンチだけは給食のものが美味しかった」(27歳/金融・証券/事務系専門職)





■コーヒー牛乳

・「粉末を牛乳に混ぜるやつ。当時は好きだったけど、どうだろう……」(47歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「いつもすごく楽しみにしていた」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「牛乳は苦手なので、コーヒー牛乳のときはうれしかった」(45歳/食品・飲料/販売職・サービス系)





■番外編:強い思い入れを感じます

・クジラ肉の竜田揚げ「いまはほとんど食べられないので」(29歳/医療・福祉)

・ビンの牛乳「小学生のころ、背を伸ばしたくて、誰かが休みで牛乳が残っていたりするといつもおかわりしていた」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・マカロニのクリーム煮「レシピを知りたかった」(23歳/建設・土木/事務系専門職)





総評

1位は「揚げパン」です。男女ともに圧倒的な支持でした。あの味は、いまでは食べられないという点を挙げた人が非常に多かったですね。給食でしか食べられない味といえるでしょう。





2位「ソフト麺」、3位「カレー」は、給食の定番ともいえますね。懐かしさを感じるという声が多数でした。低学年と高学年でカレーの辛さをかえているという学校も。給食にも、いろいろな工夫が凝らされているのですね。





4位「フルーツポンチ」は甘いもの好きの女性からの支持を得てランクイン。5位「コーヒー牛乳」は「ビンの牛乳」と票を奪い合った印象です。ビンかパックかは、地域や世代差もありそうです。





ボルシチやチリビーンズなどの世界の料理が出された学校もありました。また、ご当地料理に関するコメントも多かったですね。地元の味を給食で伝えるという試みは昔からありますが、しっかりとその成果は出ている模様。子どものころからの食育、大事です。

(文・OFFICE-SANGA 塩田純一)





調査時期:2012年4月26日〜2012年5月9日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性433名

調査方法:インターネットログイン式アンケート