チヨダ”4990プロジェクト”開催中 - 今年は本革のモカシンシューズも販売

写真拡大

「シュープラザ」「東京靴流通センター」など全国で1,100店以上を展開する靴販売大手のチヨダはこのほど、「セダークレスト4990(よんきゅうきゅうまる)レザープロジェクト」と題し、4,990円均一の高品質・低価格な本革紳士靴の販売を開始した。

同社では、絞り込んだ数社の生産協力会社に一括大量発注を行い仕入れコストを削減、一度にすべての商品を各店舗に納品する「売り切れ御免方式」を採用することで、市場のニーズに応えた高品質・低価格の商品提供を実現している。

2010年に立ち上げたこの「4990プロジェクト」では、これまでに累計約7万足を販売している。

今回の「4990プロジェクト」では、初めて本革のモカシンシューズを販売。

シルエットは長めのロングノーズスタイルで、フォーマル、カジュアル両方のスタイルに合わせやすく、夏のファッションコーディネートに最適だ。

インソールはかかと部分を厚めにし、クッション性に配慮。

インソールのつま先部分には、吸水速乾性に優れた「COOL MAX」素材を使用した。

同社のプライベートブランド「セダークレスト」より、モカシンタイプはブラックとブラウン、コインローファータイプはダークブラウンのみで展開、1万足限定の販売となる。