MARK STYLERが「Sise」を傘下に、秋冬テーマは「非日常のなかにある日常」

写真拡大

MARK STYLER(マークスタイラー)は今月より、東京コレクションブランド「Sise(シセ)」を傘下として展開する。

マークスタイラーは「AFFORDABLE LUXURY」をテーマに、それぞれの人に、それぞれに手の届くラグジュアリーを実現するため、枠にとらわれないブランドビジネスを展開している。

同社が今月より展開する「Sise(シセ)」は、デザイナーの松井征心氏が、「少年性」を軸に男女という概念を超え、耳に伝わる音や響き、空気感といった感覚を身にまとうことをコンセプトにコレクションを展開。

2007年よりスタートさせ、2010年秋冬シーズンより東京コレクションに参加。

国内外から高い評価を得ている。

2012年秋冬シーズンのテーマは「非日常のなかにある日常」。

松井氏は、「人から見たら特別に見える毎日も、その人にとっては『それが日常』で、特別な毎日ではない」と語る。

モノトーンで透明感のある雰囲気が、ブランドコセンプトである「少年性」をまっすぐに表現している。

主要取扱店舗は東京・南青山の「valveat81」など。