銀行トリビア (8) 一般窓口以外の銀行の「相談コーナー」、何を”相談”しているの?

写真拡大

今、預金の預入や引き出し、振り込みなどはATMが使えるし、通帳の繰越や両替も機械でできるので、銀行の窓口へ行くことはあまりないかもしれません。

それでも、窓口のカウンターは、なじみがありますよね。

気になるのは、その向こうにある低いカウンターや、ついたてなどで仕切られたスペースなど。

職員も顧客も座ってなにやら話し込んでいたりしますが、いったい何が行われているのでしょうか。

一般窓口以外のところで行っているものの一つは融資です。

銀行は、企業に事業資金を貸したり、個人に住宅ローンを貸したりして、その利息を収入源にしています。

融資に関する相談や手続きには時間がかかり、書類のやりとりなどもあるので、ゆっくり座って行います。

融資は、預金や資金決済(振り込みなど)と同じように、従来からある銀行の基本的な業務です。

それに対して、ここ最近、銀行が力を入れているのは、預金以外の金融商品の販売です。

これがもう一つの、一般窓口ではなく低いカウンターや仕切られたスペースで行われている業務です。

金融の自由化によって、銀行で扱える金融商品はだんだん増えてきました。

外貨預金をはじめとして、以前は証券会社でしか扱っていなかった投資信託や、保険会社でしか扱っていなかった保険商品も、今は銀行で販売できるようになっています(銀行や支店によっては扱っていないこともありますが)。

銀行は、こうした金融商品を販売することで手数料を稼いでいます。

外貨預金の場合は、預け入れと解約のとき、適用する為替レートに為替手数料を上乗せしています。

投資信託を販売するときは、投資信託の購入代金に加えて、販売手数料を顧客から受け取ります。

保険商品の場合は、それを販売することで保険会社から銀行に手数料が支払われます。

現在、こうした手数料が収益の大きな柱となっているため、銀行は熱心に投資信託や保険商品を売っているというわけなのです。

ただ、投資信託や投資型年金保険(変額個人年金保険)などは、預金に比べると仕組みが複雑です。

そのため販売にあたっては、商品の仕組みやリスクを顧客に十分に説明することが義務づけられています。

そうなるとカウンターで立ち話というわけにはいかず、低いカウンターや専用のスペースでいすに座って、説明や販売する必要があるのです。

銀行は「お金を預けるところ」というのは昔の話で、今は”金融商品ショップ”になっています。

投資信託や投資型保険だけでなく、預金商品の中にも仕組みの複雑なものやリスクの高いものがあるので、「銀行だから安全」と思い込むのは危険です。