7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

3Dマトリックス(7777)が今日の注目銘柄!

12年6月14日、13年4月期〜15年4月期の中期経営計画を発表しました。この意欲的な計画をポジティブに評価して、注目します。同社グループは、自己組織化ペプチド技術を用いて、外科領域、再生医療領域、DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)領域において医療機器及び医薬品の開発を進めています。

13年4月期通期連結業績予想は、事業収益は24億9100万円(前期比125.0%増)、営業利益は5億8900万円、経常利益は5億8300万円、当期純利益は5億2900万円の見通しです。なお、15年4月期は、事業収益は80億600万円、営業利益は35億2100万円、経常利益は35億1500万円、当期純利益は22億2200万円の計画です。

外科領域で開発中の吸収性局所止血材は臨床試験を終了し、11年5月の製造販売承認申請後、PMDAによる審査に入っており、13年4月期中の承認取得を見込んでいます。吸収性局所止血材の海外展開については、韓国及び台湾の事業パートナーと10年9月に契約を締結しブリッジングに向けて準備を進めています。また、米国及び欧州への展開に向けても臨床試験の実施に向けた準備段階に入っています。

歯槽骨再建材については米国で臨床試験を開始、粘膜隆起材や血管塞栓材については止血材での安全性データを援用し、有効性データの蓄積を実施することで早期に臨床試験を実施していくことが重要であると認識しているということです。

チャート的には、13週移動平均線(15日現在、3,683円)を割り込まない限り、中期的な上昇トレンドは崩れないとみています。短期的には、5月14日の4980円を上抜ければ、6月8日の3760円までの下げ幅(1220円)の倍返しの6200円付近までの上昇が期待できるとみています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。