海水浴ではこの生き物に気をつけろ!要注意な海の生物たち!




夏は海水浴のシーズン! 思いっきり泳いだり、砂浜でまったりと肌を焼いたり、楽しいことだらけです! ところが海水浴場には、その楽しいムードを一瞬にして壊してしまいかねない、危険な生き物たちがいるのです。



今回は、そんな海水浴場やその近海の生息する、要注意な生き物たちを紹介します。



●オニヒトデ

サンゴ礁などがある、比較的暖かい海に生息するヒトデの一種。全身を毒のあるとげに覆われており、刺されるとアナフィラキシーショックを起こしてしまう場合もある非常に危険な生き物。刺された人が死亡したケースもあるので、十分に注意しましょう。



●ウツボ

近海の岩場に生息していることが多いですが、浅い海水浴場の岩場にも生息しています。鋭いキバをもっているので岩場の穴などにむやみに手を入れないように注意しましょう。『海の殺し屋』と呼ばれるだけあって非常に危険な生き物です。



●サンゴ

美しいイメージのあるサンゴですが、うかつに触ってはいけません。実はサンゴには刺胞毒というのがあるので、手で触ったりすると危険なのです。



●イモガイ

サンゴ礁や砂浜などに生息するコノトキシンという神経毒を持つ巻き貝。毒銛と呼ばれる器官に刺されるとほとんどのケースで死に至る。血清もないので非常に危険。また、見た目が美しいため、興味本位で手にとってしまい、刺されることもあるので砂浜では要注意です。



●カツオノエボシ

太平洋側の海に生息する、長い水色の触手を持つクラゲ。刺されると激痛が起こり、アナフィラキシーショックを起こしてしまった場合は死亡するケースもある。「浜辺に打ち上げられたカツオノエボシに刺された」というケースもあるので、死んでいるように見えても注意しましょう。



●アカクラゲ

日本近海のほぼ全体に生息しているクラゲの一種。刺されると強い痛みとミミズ腫れを起こすので注意が必要です。赤い体色なので、海の中でも比較的見つけやすい。クラゲの中には無害のものもいますが、基本的には触れないようにしましょう。



●ヒョウモンダコ

鮮やかなヒョウ柄の体色を持つ小型のタコ。暖かい海に生息し、日本では九州地方の沿岸部で目撃されていることが多い。唾液(だえき)の中にフグの毒として知られるテトロドトキシンを持ち、かまれると呼吸困難に陥り、死に至ることもある。



●アカエイ

日本近海の海底に生息するエイの一種。尾の部分に毒を持つ棘があり、刺されると激痛に襲われる。浅い砂浜の底にいるエイを踏んづけてしまって刺される、といったケースもあるので、海水浴でも注意は必要です。



●ウンバチイソギンチャク

沖縄以南に生息する非常に強い毒素を持つイソギンチャク。刺されると非常に強い痛みと腫れを引き起こす。これ以外にも、日本近海に生息するイソギンチャクの中には毒素を持つ種類がいるので、むやみに触らない方が無難です。



●シロガヤ

日本近海の浅い海に生息しているヒドロ虫という生き物の一種。10センチほどの鳥の羽のような形をしており、刺されると皮膚に炎症を起こすので、素手で触らないように注意しましょう。



●ガンガゼ

日本の太平洋側に生息しているウニの仲間。ほかのウニと比べて非常に鋭利な、長い棘を持っており、ちょっと触っただけでも皮膚に刺さってしまう。刺されると激痛が走り、また棘がすぐに折れるため、刺さった棘が皮膚に内部に残ってしまうなどしてしまう。海水浴場で見かけることは少ないが、少し沖合に行くと生息していたりするので注意が必要です。



以上、海水浴場で気をつけないといけない生き物たちでした! 君子危うきに近寄らず、危険な生き物たちがいる場所には近寄らず、また見つけても触れないようにして、思う存分海辺のレジャーを楽しみましょう!



(貫井康徳@dcp)