最低限押さえておきたいIT用語を、コミカルなストーリー仕立てで解説する。


※主な登場人物
藤井君/おっちょこちょいで新しもの好きの若者。山田部長の部下。
山田部長/凸凹食品株式会社のおとぼけ営業部長。IT系はものすごく苦手。
木村君/凸凹食品のシステム担当者。


「わーっ、しまった」

相変わらず藤井君が大騒ぎしている。

「月曜の出張の資料作るの忘れてた。ああ、土曜も出社だなぁ」

「でも土曜はシステムのメンテナンスで会社のパソコン、使えませんよ」と真央ちゃん。

「弱ったなあ。自宅のパソコンにはゲームしか入ってないし。スライドなんて作れないよ。部長、経費でソフト買ってくださいよ」

「バカ言え。ただでさえ予算カットで困ってるんだ。自腹でどうにかしろ」

「あっ、クラウドコンピューティングってのが使えるんじゃないですか」と小松原君が助け船を出した。「確かインターネット上でワープロとか表計算とかスライド作成の機能が使えるんです。無料のものもあるって雑誌で読みましたよ」。

クラウドコンピューティング/ソフトや処理機能、データ保存場所などを手元のパソコン内に置かずにネットワーク上に置いて、ネットワーク経由で利用する形態。パソコンの性能が低かったりソフトが入っていなかったりしても、いろいろな作業ができる。専門家がネットワーク設計図でネットワーク部分を雲の絵で表す習慣からクラウドと命名された。このようにして利用するサービス自体はクラウドサービスという。

「へえー、無料なの? それは便利だな」

「そう、自分でソフトを持たなくていいんだって。作った書類はネットワーク上に保存できるし。『ソフトは持つ時代から使う時代へ』ってことらしいよ」

「おい、クラウドって雲のことか? ITの連中が言っていることは、意味がさっぱりわからん」と部長が苦々しい表情をしている。そういうとき、どこからともなく現れるのが、システム担当の木村君だ。

「クラウドなんて、珍しく難しい話をしてますね。ネットワークの構成図を書くときに、インターネットの部分を雲の絵で表現する習慣があって、それでクラウドといえばインターネットとかネットワークを意味するようになったんです。どこか遠くにあるモヤモヤとしたものというニュアンスもあるんでしょうね。例えば電話も自分の電話機と相手の電話機は意識するけど、その間の仕組みなんて、我々にとっては、何だかよくわからないモヤモヤの雲でいいわけで、それと同じですよ」

「そんなモヤモヤした用語、誰がつくってるんだよ」

「さあ……。ともかくそのクラウドを主軸にしたコンピューター利用が、クラウドコンピューティング。クラウド利用で提供されるサービスがクラウドサービスです。ちょっと前に、SaaS(サース)っていう言葉が流行りましたが、似てますね」

SaaS[サース]/Software as a Serviceの略。ソフトをサービスとして提供する形態を指す。ネットワーク経由であることを暗に示している。ソフトに限定した概念なので、クラウドコンピューティングの下位概念。同じ発想でいえば、電力供給は自宅に発電所がないので「電力 as a Service」だ。

「ああ、あれか」と部長が乗り出した。「あのせいで俺は海外出張が中止になったんだよ、楽しみにしてたのに。ハクビシンか何かが感染源っていわれたが、動物もパソコン使うのか」。

「そんなことあるわけないじゃないですか! あっちは重症急性呼吸器症候群のSARS(サーズ)です。私が言っているのは、ソフトをサービスとして使う形態を指すSaaSですよ」

「また妙な大文字・小文字かよ。で、そのモヤモヤ雲のサービスは、つまり電気みたいなものか。確かに電気が使えればいいわけで、自宅に発電所がなくても困らないしな。しかも、無料なら助かる」と部長はコスト削減効果に関心を示している。

「じゃ、社内には設備を何も置かないんですか」と真央ちゃん。

「うん。普通のクラウドはインターネット上のサービスをみんなで共有するのでね。でも、自社だけが使うシステムにしたいというニーズに応えて、社内に専用の設備を置く方式もあるんです。それで最近は従来型のクラウドをパブリッククラウドっていって、社内に設備を置くのはプライベートクラウドっていうそうです」

パブリッククラウド/クラウドサービスのうち、インターネット経由で不特定多数の利用者が使うサービス。そもそもクラウドサービスはその性質上、パブリックなものなのだが、プライベートクラウド(次項参照)が登場したしわ寄せで、わざわざパブリックを冠することになった。

プライベートクラウド/企業などが社内にクラウドコンピューティングの設備を置き、自社専用に利用するクラウドサービス。遊び場を各家庭で所有するのは非効率だから公園があるわけだが、混み合っていたり防犯が気になったりするという理由で自宅に公園を作り、それをプライベート公園と呼ぶような言葉の矛盾がある。

部長は怪訝な顔だ。「あん?発電所はいらないからって外に出したのに、一周してまた社内に戻ってきちゃったじゃないか」。

「とっ、とにかく、クラウドサービスも上手に使えば、ビジネスツールになりますよ」藤井君がほっとした顔で言う。

「じゃあ、ソフトがなくてもなんとかなりそうだね。家に帰ったらやってみるよ。部長、月曜の商談資料は、お任せください」

会社帰り、小松原君と一緒に歩いていると、取引先のK課長と駅でばったり。立ち話中に藤井君が携帯を取り出し、「ええ、ええ、なるほど」などと上の空の相づちを打ちながらツイッターで「新宿駅なう。苦手なK課長に遭遇」などと打ち込んでいると、「藤井さん、あなた、打ち合わせのときもそうだけど、私と話しているのか、携帯と話しているのか、どちらかにして。気になって仕方ないよ」と怒られてしまった。

ツイッターは今やっていること、思っていることを書くメディアだから、どうしても「ながら」利用が多くなりがちだ。しかし、目の前の人とコミュニケーションしながら、ネットでも裏コミュニケーションをするという二重会話は、藤井君のように本来の会話中に空白の時間ができ、実に印象が悪い。

※すべて雑誌掲載当時